上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 コミケ75、3日目はほぼ企業ブース全体を回りきって少し時間があったので、企業ブースの中の国際交流コーナーを見て来ました。

 何があったかというと、フランスでのオタク向けイベントの様子の映像と、海外の雑誌・コミックが置いてありました。雑誌は、日本でいうところの「ニュータイプ」のような雑誌などが置いてありました。コスプレも紹介したページもありましたが、コスプレは欧米人のほうが似合いますね。やっぱりスタイルが違う・・・でもまあ、似合っていようがいまいが3次元でリアルである事になんら変わりはありませんが。コミックはドイツ、フランスなどなど数ヶ国は置いてあったと思います。内容は一般向けから、エロ、BLまでありました。

 コミックは画が荒いとは思いましたが、今後海外からも素晴らしいクリエーターが次々に現れてくると思います。今、アニメもマンガも面白いものはほぼ日本のものだと思いますが、それが瓦解していくのが21世紀なんじゃないかと少し不安です。

 今回のこのコーナーでは、「世界でもアニメ・コミック好きがいるんだよ」というパフォーマンスをしていますが、私はそういっていられないときが訪れそうな気がしました。

 日本は魚の大量消費国でした。しかし、誰かは知りませんがアメリカに寿司を伝え、生魚を食べる文化を伝えてしまいました。寿司を筆頭に「日本食はヘルシー」、そんなイメージがいつしか作られていき、それまでは日本でしか食べていなかったものが、世界中で食べるようになったため、現在魚の値段が高騰し、日本人の口に入りにくくなっています。特にマグロは将来食べられなくなりそうです。

 柔道は日本で発展してきました。しかし、もうそれは過去のものになっています。柔道は「Judo」であり、「「Judo」は日本が起源であるスポーツ」という意味合いしかなくなってきています。

 世界中で日本のマンガやアニメが楽しまれています。日本はオタク文化の輸出大国です。でも、その構図が崩れるかもしれません。今、日本はオタク文化の最先端にいますが、それがいつか「オタク文化の起源は日本」という言葉でしか表現されない日が来そうでちょっと怖いです。今ではオンライン対戦できるとあるゲームは、起源は日本ではないですが、日本で1000年以上発展してきた伝統があったにもかかわらず、ここ20年で世界のトップからあっという間に凋落し、衰退傾向にあります。私は日本人が今それと同じような事をオタク文化でやり始めているのではないかと一抹の不安を隠せません。アニメ技術の海外流出、ゲーム機の性能向上によるキャラクターの洋ゲーのようなリアル化などはその一端ではないかと思っています。企業ブースももしかしたらいつの間にか外国企業で埋まっていたなんて私には笑えません。コミケが今後も「日本」のオタク文化の一大イベントであって欲しい、そんな事を感じてしまいました。
2008.12.31 Wed l コミックマーケット75 l top ▲
 とうとう3日目、最終日。見事に寝過ごし、始発電車に間に合わないこととなりました。始発で無いからか3日目だからなのか分かりませんが、電車の混雑はかなり緩和していました。いつもこうであると楽なのですが。

 ビッグサイト到着後も人がかなり減っていました。2日間で買いそびれていたものを購入できるか不安に駆られながら、Inter-FMのGMGを聴きつつコミケ開始の10時まで過ごしていました。

 コミケ75最終日がスタート。行列は大幅に減っています。在庫があるところは行列に並んでもすぐに買えそうです。そして、私はこれまでに買えなかったものを始発で来れなかったにもかかわらず入手する事ができ、ほっとしています。

 コミックマーケット75の3日間、快晴で、今冬の中では一番寒かったですが、何事も無く楽しめました。特に欲しかったものはほぼ買えました。少し余分に買ってしまったものもありました。もちろん買えなかったものもありましたが、特にがっかりする事もあまり無い感じです。今回は絶対に何が何でもこのアイテムが欲しいというものはありませんでした。次回のコミケ76までに今まで以上に熱中できるマンガ、アニメ、ゲームなどが出来、コミケットというお祭りを私にとって楽しいものとしてくれるブース、グッズが出現して欲しいです。コミケ75参加者の皆さん、お疲れ様でした。
2008.12.31 Wed l コミックマーケット75 l top ▲
 コミケ2日目、行ってきました。昨日に比べて寒さは少しやわらいだ感じがしました。やわらいだものはもうひとつ、電車の混雑も、です。いつもの混雑具合でした。

 東京ビッグサイト前に到着した時に感じたのは初日と同じくらい人がいるということ。1日目、2日目、3日目とだんだん来場者が減っていく感じが今まではしていたんですが、今回は違うのでしょうか。カタログを買いそびれているため、2日目の同人ジャンルがどうなっているのか分かりませんが、注目度の高いジャンルでもあったのか気になりました。

 コミケ開始の午前10時まで、ずっとラジオを聴いていました。すると、コミケのことが取り上げられていました。どこの局かというと、Inter-FMです。初日は15万人が来場したという事もここで知りました。GMG(GOOD MORNING GARAGE)という番組の中のジョークニュースのコーナーで取り上げられていて、パーソナリティも初日に訪れていた模様。他の局にチャンネルを変えたりしてみたんですが、Inter-FMでしかコミケ関連のニュースはありませんでした。外国人はマンガ・アニメ・ゲームの一大イベントであるコミケットに興味が湧くのでしょうか。オタク文化に関連してか、「おにいちゃんCD」を少し流していました。その後、「鈴木さんCD」などの話でパーソナリティ二人が爆笑して盛り上がっていました。この番組、私は初めて聴きましたが、10時まで楽しく時間を潰せました。朝は今までは違う局にあわせていましたが、今後聴くようになりそうです。

 で、2日目開始。企業ブースは昨日に比べ、人がかなり減っています。初日全く動く気配が無かったブースの行列に並んでもさくさく前に進み、大した時間もかからずに午前中に買い物終了。欲しいものはほぼ買えました。買えなかったものは3日目。3日目は多くのブースでほとんど在庫が無いので手に入るのかはまた明日にならないと分かりません。

 というわけで、3日目もコミケ参加者全員が楽しめることを祈っています、と書いて締める予定でしたが、記事をアップする時間が無く、12月31日になってしまったので、参加者全員が楽しめたことを願い、締めたいと思います。
2008.12.31 Wed l コミックマーケット75 l top ▲
 冬コミ1日目、行ってきました。当日朝、予想最低気温が3℃と分かってはいたけれど、寒さがつらかったです。私は普段手袋をすることが近年ありませんでした。地球温暖化が本当に起こっているからなのかなと思っていたくらいだったのですが、流石に今日は寒かろうとあらかじめ手袋を購入しておいた事は正解でした。カイロも用意。ただ、毛糸の帽子も買っておけばよかったと思っています。

 始発電車で有明に乗り込みましたが、今まで生きてきた中で恐らく一番混雑していて息をするのが大変な状態でした。夏コミのときと比べれば、一人一人がたくさん着ているのでその分だけ周りからの圧力は高いのでしょうが、兎に角息をするのが大変でした。電車の揺れによって私の前面へ周りが圧力をかけてくると、肺の中の空気が押し出されていると感じるほどでした。

 東京ビッグサイトに到着後も後ろから押される事は多々ありました。今回、マナーについてどうこう思う前に、「みんな血走っている。」というのが第一感でした。そこまでして欲しいアイテム、目玉商品があったのでしょうか?

 ビッグサイト前で待機している間、ひたすら寒かったです。周りを人で囲まれている時は、結構あったかいものでしたが、一人、買い物かお花摘みかでいなくなると、そこから冷たい風が体を直撃。しかし、日の光が降り注ぐと寒さが和らぎほっとしました。午後は日陰に入るとまた寒かったです。

 私の戦利品ですが、欲しいと思ったものの半分ほどようやく買えたというところでした。原因は、準備不足です。カタログを買いに行く時間がなく、企業ブースのパンフレットも事前に入手できませんでした。一応、家から出発する前にネットでチェックしましたが、把握できていないブースが多々ありました。二日目でも手に入りそうではあるのですが、これ2日目にならないと分からない事です。先ず欲しかったものは難なくゲットできたので、満足はしています。前回夏コミでは欲しいものはほぼ初日でそろえることが出来、二日目からは時間をもてあましていた感じもありましたが、今回は二日目も気を引き締めていこうと思っています。

 あと、気になった事をいくつか。

 超・長行列で欲しい商品を手に入れるのが難しそうだったブースは、「なのは」、「minori」、「フロンティアワークス」でしょうか。「フロンティアワークス」の混み様は、ひぐらしのなく頃にのグッズに人気があるからでしょうか。今回、「TYPE-MOON」はスムーズに列が進んでいました。そのほかで、午後4時を回ってもまだ外に行列が出来ていたのは、「ビジュアルアーツ」、「5pb」。「ビジュアルアーツ」は1アイテムにつき10個まで購入可でもまだ在庫が切れていないようでした。「ビジュアルアーツ」恐るべし!(他にもあったり、違っているものもあるかもしれません。あしからず。)

 携帯ゲーム機DSとPSPの割合ですが、自分の周りを見回した限りではほぼ同数でした。どちらもコミケ74の時と比べて多く見かけました。DSの中では、初代DSもちらほら見かけました。それどころか、GBASPを手にしている人もいて、まだまだGBAソフトは現役だなと感じたりもしました。そして、DSiは一人見かけただけでした。私はポケットモンスタープラチナを現在プレイ中で、そのためGBAのポケモンもプレイするので、DSiのGBAスロット廃止は改悪だと思うのですが、皆さんはどう思っているのでしょうか?DSiウェアでこれまでのポケモンのソフトの移植版もしくはリニューアルしたものを出してくれたならDSiを欲しくなるのですが。

 携帯電話でスマートフォンを持っている人をちらほら見かけました。夏コミでは全く見かけなかったのですが。そういえば、i-phoneは全く見かけませんでしだ。

 オタク、腐女子たちの服装ですが、ファー付きのダウンジャケットがやたらと目に付いたのですが気のせいでしょうか?今年の流行なのかと不思議に思いました。

 秋葉原での某事件により、コミケット参加者の安全を考え、夏コミでは「参加者の手荷物確認」が行われましたが、初日にはなかった気がするのですが。少しうとうとしていたこともあり、私が気づかなかっただけなのかもしれません。しかし、実際にやっていないとしたら、まさに「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」です。コミケの未来のためにはしっかりと行うのは大切だと思うのですが。

 もうひとつ、「Navel」では毎回グッズ購入者にはナイロン製のショルダーバッグを用意していたものですが、紙袋に変更したようです。原油高が原因なのかそれとも不況が原因なのか。少し気になりました。


 2日目もコミケ参加者全員が楽しめることを祈っています。
2008.12.29 Mon l コミックマーケット75 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。