上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 夏コミは3日間なので、あっという間に中盤です。今日は天気が夕方悪くなると言われていたのですが、雨が降らなかったのは幸いでした。

 コミケ一日目、私は前回、前々回のコミケより人少ないかもと感じました。それはりんかい線で押しつぶされるような事が無かったからです。ここまで暑いと外に出かけるのをためらった結果なのかなと。しかし、それは間違いだと気づいたのは今日の朝、駅のホームの人だかりを見た時です。おそらく今回の夏コミがコミケ初参加のヲタが多かったのだろうと私は推測しています。一日目に電車が空(す)いていたのは、慌てずとも欲しいアイテムを手に入れる事が出来るだろうと初参加の人たちは考えたのでしょう。しかし、一日目が終わってそれが甘い考えだったと気づいたのです。もっと早く行かなくてはダメだと。その結果、今日はギュウギュウ詰めでした。息するのも苦しそうな人も居たり、目的地前で下車する人がいたりして、コミケ二日目は過酷になりそうだと私は予感しました。そしてそれは的中しました。

 企業ブースのほうは、一段落したのか行列が一日目と比べると格段に短くなっていました。並ばずに買える所もあるほどです。「なのは」の行列は止(とど)まる事を知らないようでしたが。私も一日目で十分欲しいアイテムを買えたと思っていたし、他の来場者もそうだったのかもしれません。私は一旦、他の会場も見て回る事にしました。企業ブースの場所は、東京ビッグサイト西地区4階の西3ホールと西4ホールです。そして、コミケットの本懐、サークルの会場は西1・2地区、東1から東6地区となっています。その中で、西地区であれば企業ブース会場から近いのでまずそこから見てみようという考えと、西地区では二日目には一大ジャンル「東方project」関連のサークルが参加しているという理由で西1・2地区に行ってみることにしました。

 ここからが苦難でした。私は知りませんでした。オタクたちのパワーを。今回、目当てのサークルも特になく、というより委託ショップで購入する事が主だったので、どのサークルがどこに場所を構えているのか全く知らぬまま会場を訪れました。壁サークルと呼ばれる会場の壁際に陣取っているサークルが人気があることは知っていたので、会場を壁伝いに一周してみることにしました。壁サークルはどこもかしこも行列がぎっしり。企業ブースの行列の如く外で何度も行列が折り返されている長蛇の列もありました。サークル「上海アリス幻樂団」が新作シューティングゲーム「東方地霊殿」を発売することは、その主催者であるZUNさんのブログ「博麗幻想書譜」を見て知っていたのですが、壁サークルを一周見て回ったにもかかわらず、どこにあったのか分からずじまいでした。2008年9月頃に委託販売されるのでその時買うつもりなのでいいのですが、どのくらい盛況なのか見てみたかったです。ところで、委託販売という形は販売する店の数も多いわけではなく、テンポのスペースも限られているので、こんなにもサークルが存在すると、当然同人ショップの店頭に並ぶ事のない所もあるわけです。だからでしょうか、周りのオタクたちの手には自作された自分だけのオリジナルマップを持っている人を見かけることも多く、手に入れたいアイテムへの熱意は凄いなと感じました。

 足を止めずに会場を一周するだけで30分ほどかかりました。そして、その時に体中が痛いなと思っていたのですが、二日目終了後、家に帰って部屋着に着替えようとした時、痣(あざ)が出来ていました。

 今回、危険物を持ち込まないようにとコミックマーケット74では手荷物検査をしていますが、サークル会場で危険なものがありました。それは、「臭(にお)い」です。暑いしオタクたちの熱気で余計に暑いために汗だくになるのは仕方の無いことですが、それ以上のきつい臭(にお)いに遭遇する事がありました。清潔にしてくることについてもマナーとしてカタログの注意事項に載せてくれないものでしょうか。来場者が身だしなみをきちんと整えてくることは円滑なコミケに必要な事だと思います。あんなに混雑していると人と人が密着してしまうのは避けられないので、爪も短くすることやまたアクセサリーにも配慮があって欲しいです。怪我するほどでは全くなかったですが、何か硬い金属片のようなものが腰に当たったりして少し「痛いっ」と感じたのも一度ですがありました。目的物ゲットという欲望のまま突き進むだけでなく、周囲を気遣う気持ちだけは一人一人持って欲しいです。

 西1・2地区を一周しただけでかなり体力を奪われたので、東地区に行く気力は無く、午後は再び企業ブースに戻ることにしました。そして、無料配布物を色々と入手しました。前回の冬コミの時とは異なり、配布時間が刻々と変更になる所が多く、広い企業ブースでその時間変更をチェックするのは大変でした。なぜこんなにも変更が立て続きに起こったのか詳細は知りませんが、最初に予定した時間に行えるように配布場所の確保などをもっと早い段階から進めることが肝要だと感じました。ただ、偶然でしょうが、色んなブースで時間が次々に変更になったにもかかわらず、否、変更になったからこそ見事にほとんどの無料配布物を獲得する事が出来ました。他と時間が重なる事があまりありませんでした。その点に関してはラッキーだったかもしれません。

 そして、最後の無料配布で事件がおきました。「minori待機列反転事件」です。「minori」は、前回のコミケ73でもそうでしたが、2日目のみ無料配布を実施しています。今回もバインダーシートの配布です。キャラクターは「雨宮優子」でした。16時ごろには「minori」ブース前に人だかりが出来ていましたが、16時15分から待機列を形成すると掲示されてあったので、他のブースを見たり、お茶を飲んでホッと一息ついたりしながら時間を待ちました。そして丁度待機列を作り始めたときにブース前に戻って来れたため、待機列は前回のコミケまでコスプレ広場があったあの西(?)側の広い場所で何度も折り返すほどの非常に長い列でしたが、その中では前のほうに居たと思います。そして、開始時間になった時突然スタッフが「反転する」旨(むね)を列に呼びかけていました。そして、列の最後尾を先頭とし、バインダーシートの配布を開始しました。というわけで、私が配布物を手に入れるのには時間がかかることとなりました。

 冬コミの時も「minori」の無料配布には混乱が起きましたが、今回は一体なんだったのでしょうか?ずっとブースの前で待機し企業ブースの通行を阻害していた人たちだけなら分かるのですが、これは大多数の善良なオタも巻き込んだ形。私は不快に感じました。配布が終了していた時の「minori」スタッフの「ありがとうございました」という大きな声での言っていた事とスタッフの笑い顔には、悪意が見えたのですが真相はどうなんでしょうか。いたずらよりは悪ふざけという言葉がぴったりです。「minori」ファンを大切に思うとこういう行動を取れるのでしょうか。私にはよく分かりません。「minori」のホームページのコミケ74情報のなかで「皆様のモラル」という言葉が用いられていますが、その「皆」のなかに「minori」スタッフも含まれているのか、参加者への対応の仕方に関しモラルのある行動であったのか御一考して欲しいのは言うまでもありません。

 2日目、多くの無料配布の待機列に並びましたが、もちろんこのような行為はありませんし、集まった人たちの順番が少し変わり配布物を受け取るのが少し遅くなる人が出るケースが生じたブースもありましたが、それをきちんとアナウンスし混乱も最小限にとどめる、臨機応変な対応も目にしました。それを考えると、私は「minori」スタッフのファンへの応対は稚拙であったのではないかと疑問に思えてきます。ファンを大切に思っていない人が少なからずいる企業にコミケの出展をして欲しくないなあ、と私は思ったのですが、「minori」無料配布イベントに参加した人たちはそれぞれどのように「minori」のことを考えたのか知りたい気持ちでいっぱいです。大気列の丁度真ん中あたりの特に無料配布物をもらう時間に影響のなかった人の意見を聞いてみたいものです。

 二日目終了間際、残念な出来事に遭遇しました。このようなことは起きて欲しくないです。コミケ三日目最終日国際展示場まで足を運ぶかどうか少し悩んでいます。(恐らく行くでしょうが。)コミックマーケットカタログの「ごあいさつ」にもありますが、コミケ参加者はコミケットはいったいどういう「場」なのか、そしてひとりひとりがどうあるべきか今一度考える必要があるのかもしれません。

 最終日も無事にそして楽しい祭典になってほしいと切に願います。
2008.08.17 Sun l コミックマーケット74 l top ▲
 四年に一度のオリンピックが開催中だというのに全く関心が無いのは、私にとってそれよりも熱い祭典、コミックマーケット74があるからでしょう。今回も行って来ました、コミケに。

 2008年8月15日の予想最高気温は35度で猛暑日になるらしいということで、熱射病など体調不良で倒れないように今回はこれまでよりも重装備で望みました。その時、参考にしたのが、ヤングガンガン2008No.17(最新号)の「フダンシズム 姐さん講座」第18回「参加」です。私はそれに加えて、携帯イスと帽子を用意しました。どちらも予想以上に活躍してくれた事には驚きです。特に携帯イス。周りでは長時間座っていて足が痛くなっただのという声を耳にしました。そして、それまでの私も同じ思いだったのですが、今回長時間座っていたにもかかわらず、疲労度は格段に小さくなりました。買ってよかった、携帯イス。但し、少々重いのが難点でしたが。

 来場者のマナーについてはコミックマーケット73の時にひどい有様だと感じていたのと比べ、ひどいと思ったことはあまり無い一日でした。会場内の喫煙禁止場所でタバコを吸っていて注意されているのを見かけましたが、これくらいでしょうか。でも、携帯灰皿を持っているところは少しは考えているんだなと思ったりもしましたが。「コミックマーケット準備会からの緊急のお知らせ」にあるように危険物の持込を防ぐため「参加者の手荷物確認」のお願いをするくらいなら、喫煙場所があるということはライターを持ち込む事になるので、全面的に禁煙したほうが安全であると思うのですが、コミケット準備会がどのように考えているのか知りたい所です。

 たった今書いたのですが今回、「参加者の手荷物確認」が行われました。物理的に不可能っぽいと私は思っていたのですが、その通りでした。手荷物の中が見えるようにするだけというおそまつなもの。横一列8人から10人をチェックするのにわずか数秒視認するだけでした。金属探知機のようなものでも導入するのかと少しは思ったりしたのですが、そんなこと全くありませんでした。手荷物確認の前に、「危険物を持ち込んでいる人はいませんね?手を上げないでください。」等言っていたのにも唖然(あぜん)としたのは言うまでもありません。日本人で、しかも全体的に腕力の無さそうなオタクに大それた事が出来るとはあまり思えませんが、昨今暴発する人間が続出している世の中になってきているので、何が起きるか分からないのもまた事実だと思います。コミック・アニメを愛する外国人の来場も増えていますが、それに潜伏して・・・というのも無きにしも非ずですし。三日間合計で数十万人も来場するコミケ、その中で一人でも何か事件を起こせば、今後のコミケット開催に悪影響を及ぼすわけで、手荷物確認をもう少し丁寧にそれもスムーズに行えるような方法をコミックマーケット準備会は今後準備する必要があるのではないかと私は思います。あまり厳密にやるのも嫌だと思うのですが、それは平和ボケだからかもしれませんし。現在グルジアで紛争が起きています。それを考えると、平穏にオタク文化に熱中できるコミケが大々的に開催できるということは非常に素晴らしい事なのかもしれません。

 私自身は、企業ブースで欲しいものは今回も一日目にしてほとんどゲットできました。ただ、それが可能になったのは、残念な事に今回「TYPE-MOON」が新作を鋭意製作中のために企業ブースに出展しなかったからでもあります。しかしそのおかげで、私はほとんど並ばずに欲しいものを購入する事が出来ました。私が今までに見てきた感じでは、超・長時間並ぶ可能性そしてそれでも商品を手に出来ない可能性があると感じているのは、「TYPE-MOON」、「なのはStrikerS PROJECT」、「minori」の三巨頭です。そのひとつが今回不参加で、残り二つは私はそこまでして欲しい商品は今回あまり無かったりするので、そういった意味では体力的にいつもより楽な一日目でした。

 そして、見て回るのが楽になった大きな要因のひとつは企業ブースの拡大です。面積が倍になりました。そのため混み具合が緩和されたように感じました。広くなった分移動距離が増え、歩いて回るのは大変になったとも言えますが、それ以上に混雑が減ったことの影響は大きいと思います。ブースの配置も成年男子向け、女性向け、雑誌系、アイテム系のようにある程度グループが形成され分かりやすくなっていたおかげで、ブースが広くなったのだけれども非常に見て回りやすかったです。

 企業ブース全体で見ると、前回よりユニークな商品が少なく感じました。どこも一緒、画一的、それが私の感想です。「可能な限り誰でも受け容れる自由な表現の場」であるコミケなのに寂しいです。それと、なぜ未だにテレホンカードを色んなブースで売っているのか私には理解しがたいと感じるのも前回と同じです。携帯ストラップも多くのブースで見かけました。そうです。携帯電話がある世の中で、公衆電話も減り、テレカを使う機会はほぼ皆無。そんな中、今でもテレカに固執するのはなぜでしょう?クオカードやらネットマネーのカードなど役立ちそうな代替物は他にも多くあると思うのですが理由が知りたいものです。カードゲームのカードのほうがまだましかなと。私はそれでも興味があまり湧いてこないのもまた事実ですが。もちろん、面白いものもあったりしたので、それを広い会場内で探し歩くのは楽しかったです。

 そろそろ書くのを終わりにする前に、コミックマーケット73でもこうあって欲しいと思ったことなどを含めて、出展側にやって欲しい事、それは、

プラカードには商品リストを
商品は一人にひとつ 並んだ人を大切に
無料配布物は購入者には購入時に配布を
購入者の行列に割り込む人が出てこないような工夫を
成年向け商品には年齢確認を

です。上二つは前回と同様です。そして下三つは新たに感じたことです。どれもこれも出展側、オタク側双方にとって利益あることだと思います。これに関しては記事が長くなってきたのでできればまた別記事にしようと考えています。

 私にとってコミックマーケット74一日目は大いに満足できるものでした。この気持ちが私だけでなく、コミケットスタッフ、出展企業、参加サークル、来場者全てにとって同じように満足のいく一日だったと思えるようであったら嬉しいですし、二日目三日目も同様に無事にそして楽しい祭典になってほしいです。
2008.08.16 Sat l コミックマーケット74 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。