上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 BD(Blu-ray Disc:ブルーレイディスク)が次世代DVD規格として優勢になって、今後DVDでは無く、BDでアニメを販売していく事になりそうです。2008年3月19日、バンダイビジュアルが販売パッケージをDVDからBDへと移行していく方針が明らかになりました。(http://www.dot-anime.us/blog/bossnote/index.php?type=leaf&val=19

 HD-DVDのほうがDVDの上位版ということで良さそうに思っていましたが、同じドライブでCD、DVD、BDが使えるというのであれば、BDで十分いいと思っています。BDがHD-DVDより優勢になったのは、より大容量だったということ、それに尽きます。同じ容量であれば、HD-DVDとの戦いはまだ続いていたかもしれませんが、HD-DVDを提唱していたメーカー、東芝の撤退、大手映画配給会社のBDの選択。この流れは止まらない、否、勝負は決したでしょう。

 次世代規格への移行によって、アニメパッケージの値段が吊(つ)りあがらない事を祈るばかりです。VHSビデオからDVDへの移行では、初回特典の充実分の値段の上昇がありました。しかし、これ以上値段が上がったら、売り上げ落ちるのは必至だと思っています。ゲームの値段が一番跳ね上がったのはスーパーファミコンの時代。1万円以上のソフトもありました。任天堂スーパーファミコンからソニープレイステーションにハードが移行したのは、その値段の吊りあがりがあったのもひとつの要因ではなかったでしょうか。バリュープライスと称する低価格ソフトがプレステに登場したりとゲームソフトの値段が下がったことが、プレステの隆盛につながったと思います。そして、今回の次世代規格への移行で、もし値段が上昇したなら、消費者は受け付けなくなるような気がしています。そして、反動で少し値段が下がり、少なくともDVDの値段にまで戻ると考えています。さらに値段が下がる可能性もあると思っています。LD(レーザーディスク)という馬鹿でかいメディアがかつてありました。LDが広まらなかったのは、ディスクの大きさもさることながら、値段もハンパ無く高かったように思います。BDがそのようになるとは思いませんが、BDへの移行に際し値段を据え置きにすることがメーカー、消費者ともに満足度が高くなると私は読んでいます。

 私としては、画質は上げなくてもいいので、画質はDVDのままで、収録時間が長くなってくれると、置き場にも困らなくて嬉しいのですが。アニメDVDをBOXで買うと、かなり場所をとって邪魔です。ディスクを入れ替えるのも面倒です。画質をDVDと同じにすれば、DVD片面2層8.5Gbyte(ギガバイト)で140分は入れることが出来るので、BD50Gbyteなら単純にDVDの6倍の容量として計算しても840分は入ります。アニメ1話25分で計算すると、33話は入る事になります。これは出来る限り入れようとすればですが、そこまでしなくても、1クール(12話)、2クール(24話)のアニメならBD1枚で楽に収まります。これならば、もっと買いたくなります。BDの大容量を生かした商品についてバンダイビジュアルにおいてはですが、販売戦略として検討してくれているようで非常に嬉しいです。画質は高くなる事が予想されるので実際にBD1枚につき何話ほど収録可能かといったことを私はよく知りません。よって、どんな形で登場してくれるのかまだ未知数ですが期待しています。

 さて、ここまでの話は、次世代規格のRead(読み込み)の話。では、Write(書き込み)はどうかと言えば、どんな規格があるのかよく知りません。CDでは、CD-R、CD-RW。DVDでは、DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、DVD-RAMなど乱立していました。BDでは、またはHD-DVDではどうなるのでしょう。WriteでもBDがHD-DVDより優位に立つのかもよく知らないし、BDの中でどう分かれるのかも知りません。なぜ知らないか、その理由はひとつです。記録メディアとして次世代規格は、全く持って興味を持っていないからです。今の規格、すなわちDVDにおいても記録メディアをほとんど買っていません。データを持ち運ぶなら、USBメモリSDなどはるかにコンパクトなものがあるし、CD-Rでも容量的に十分過ぎるほどです。ラジオは既にカセット、MDにではなく、直接HDD(ハードディスク)に録音しています。そのほうが編集が圧倒的に楽です。あまりに便利です。つまりHDDをメディアとして使っているようなものです。今後パソコンの性能向上とHDDの大容量化がもう少し進めば、アニメもBDレコーダーを買ったりせずにパソコンで録画するようになるでしょう。

 VHSからDVDへの移行は非常に嬉しい技術革新で利点が多いと感じましたが、DVDからBDへの移行に私はどう思うことになるのか。メーカーだけでなく消費者側にもメリットがあるような販売モデルを作って欲しいと思わずに入られません。
スポンサーサイト
2008.03.22 Sat l 雑記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。