上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 アニメの開始時間について去年から感じていることがあります。それは、

大きな子供向けのアニメが時間通りに始まらなくなった事です。

番組表に掲載されている時間から1分ほど経過してようやく始まります。

小さな子供向けの番組では決してそんな事はありません。ポケモンは開始時刻きっかりにスタートします。

これはもちろん放送局側の意図が含まれているのでしょう。

 小さな子供向けアニメの場合、時間通りに始まらなければ愚図(ぐず)る子供がいてもおかしくありません。その場合、その番組、その放送局に対して子供の親たちの印象は悪くなりかねません。時間を守らないというのも子供に悪影響ですし。時間を守れなくてもいいという経験が少しずつ蓄積されていけば、大人になった時に幾分かマナーの悪い大人になる事でしょう。したがって、放送局は開始時間を守る事になります。

 では、大きな子供番組向けは?オタク・腐女子は1分遅れてもひたすら観たいという欲求に駆られているんです。不満は大いにあるでしょう。ですが、だからといって観なくなる事はありません。観たくて仕様がないんです。CMが鬱陶(うっとう)しかろうが観たいから観ます。そして、開始時刻から流れる1分ほどのCMも観る事でしょう。視聴率当たりのCM効果が少し大きくなると考えているのかもしれません。

 また、ゴールデンタイムのアニメ以外の番組が午後7時ちょうどではなく1分前から始めるのは、同程度面白い番組であれば、先にチャンネルを合わせた番組をチャンネルを変えさせずに観させるためでしょう。ゴールデンタイムの小さな子供向けアニメ番組が連続している場合、CMを短くしてチャンネルを変える時間を短縮して次の番組を続けて観てもらうようにしているのも放送局側の戦略。放送局側も様々な策を練るものです。

 私の場合は、アニメ開始までの1分ほどの間のCMを観たら観たで悪い印象しか持たないので逆効果になっています。たとえば、パチンコやパチスロにアニメなどをフィーチャーした者が出てきましたが、全く食指が動きません。結局パチンコはパチンコ、パチスロはパチスロ。ギャンブルです。これらが好きな人は好きでかまわないですが、私はギャンブルに金を落とすよりはゲームを買ったりマンガ買ったりなどのほうが金銭的にも時間的にも有効的だと考えているので。むしろ、そうやって若者を取り入れようとするあまり今までのファンである壮年層が離れないかと心配して今います。

 放送局に利益が出ていなければアニメ制作にも支障をきたすと思いますが、視聴者を蔑(ないがし)ろにした行為は自分に跳ね返ってくるという事を考えてほしいものです。



スポンサーサイト
2008.02.28 Thu l アニメ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。