上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ブースNo.223「戯画/パートナーブランド」で2日目に購入しました。

 内容は

 戯画セット '07冬  ………5000円
  1.特製紙袋
  2.ふろーりあふぇすた!(PC用ゲーム)
  3.戯画アンソロジーコミック
     ~パルショコ青空姫さまっの本~
  4.下敷き付きテレカ
  5.新作携帯クリーナーストラップ
  6.カトレアおやすみ枕カバー
 (http://www.web-giga.com/event/comike73/giga-goods.html

 です。

 購入のきっかけとなったものは、

 2.ふろーりあふぇすた!(PC用ゲーム)

 でした。このゲー ム早速プレイしました。これ楽しいです。エンディングまでに1時間以内でいけるくらいで、私にはちょうどいい長さでした。3チームプラス1チーム最初に選択できるので、5時間もあればオールクリアできるでしょう。現在のところ、玲愛と凛チームのエンディング、その後でクレアとエスカのエンディングを見ました。クリアのご褒美に、エンディングひとつにつき1枚壁紙が用意されていて、早速クレアとエスカチームの壁紙を私のPCの壁紙チェンジャーに登録しました。背景が水色基調であるのが、私にとって見やすいしちらつかないし何よりも落ち着くので、私はよく水色基調の壁紙を使用しています。クレアとエスカチームの壁紙は色が明るすぎず暗すぎずとても気に入りました。よく使う壁紙になりそうです。

 今回の戯画ミニゲーム第2段(パッケージの誤植より)ですが、今後作るソフトでぜひ改善して欲しい点は、

 1.面クリアごとにセーブポイント作って
 2.もっと軽くして 起動時のロード時間長すぎです
 3.フルモードとウィンドウモードの画面切り替えを
 4.マニュアルにゲームの概要・そしてルール説明を

です。

 1と3はちょっと他のアプリケーションを使用する必要がある場合にこれらの機能があると助かります。2ですが、今までやったPCゲームの中で一番ロード時間長かったです。アクションゲームよりもロード時間長かったです。4のルール説明、無くてもクリアする頃には慣れてしまいましたが、最初どんなゲームなのかさっぱり分かりませんでした。パッケージに書いてあるその6文字、「ボードゲーム」というだけでは、さすがに把握できないです。

 しかし、しかしです。このゲーム、

ネットで対戦できるなら、最高に面白くなる

と思いました。CPUを弱くする必要があるがために、どうしても癖が存在し、癖の把握で随分楽に勝てるようになりますが、これが対人戦であれば、最高に楽しいだろうなと。古典的ボードゲーム、バックギャモンと同じくらい面白いものになるに違いありません。

単純のルールだからこそ燃えます。 

ポータルのゲームサイトなどで、またDSやPSP、Wiiチャンネルなどで、利用できると面白いのにと思います。

 というわけで、ふろーりあふぇすた!大満足です。

 3.戯画アンソロジーコミック も、やったことの無いゲームが多かったのですが、あるページで爆笑してしまいましたし、またゲームをやった後で楽しめそうな感じでした。
 4.下敷き付きテレカは下敷きが今回のミニゲームをあしらったもので、ゲームをやった後に、あってよかったと思った一品です。テレカは、戯画にかかわらず、イラストはどうあれ、トレーディングカードよりも価値が無い使い道の無い過去の遺産だと思っている私には、テレカを入れずに安くするか、他の内容物を入れて欲しかったです。


 冬コミセットのような類のものの中で、戯画セットは値段相当以上のものが入っていると感じられた数少ない一つでした。上でテレカのことを言いましたが、7500円くらいのものが入っていました。全部入ってこの値段、非常にお買い得感たっぷりの購入品でした。次回以降も期待したいと思います。
スポンサーサイト
2008.01.01 Tue l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。