上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 最近買った、「幺樂(ようがく)団の歴史」の音楽CD2枚のうちのもう一枚、

 幺樂団の歴史5~Akyu's Untouched Score vol.5 其の伍 東方靈異伝 ~ Highly Responsive to Prayers ………735円
 (サークル:上海アリス幻樂団http://kourindou.exblog.jp/tb/6928396))

についての感想です。

 これも旧東方の音楽集で、ゲーム「東方靈異伝~Highly Responsive to Prayers」で使われたものが収録されています。このゲーム、サークル上海アリス弦楽団の神主ZUNさんの最初の作品すなわちこれぞ東方の原点というべきゲームです。これもPC98用ゲームで、今は取り扱っていないようなので、このCDも非常に楽しみにしていました。

 (ゲーム「東方靈異伝」については、サイト「東方元ネタWiki」の「東方靈異伝」(http://toho-motoneta.com/index.php?%C5%EC%CA%FD%F0%CD%B0%DB%C5%C1)のページなどに情報が記載されています。)


 というわけで、1曲ずつの簡単な感想です。

1.A Sacred Lot サビのメロディが覚えやすく好きです。

2.永遠の巫女 音が一番重なり合っているところの伴奏が大好きです。

3.The Positive and Negative タイトルの感じは受けませんでした。私の中で東方っぽく感じないです。ハードな曲です。

4.Highly Responsive to Prayers これも私の中で東方っぽくは無いです。激しい曲のはずなんだけど、哀しさが漂っています。

5.東方怪奇談 音楽CD「蓬莱人形 ~ Dolls in Pseudo Paradise」の中の「東方怪奇談」ではそう思わなかったのですが、最初はYMOの匂いがします。そしてこれを聴いているうちに「蓬莱人形」の方にもその匂いが映ってしまいました。

6.天使伝説 私には天使の姿が脳内に浮かんできませんでした。東方っぽくも無い感じがします。けれど、この曲の中に自分の心に響いてくるフレーズがあります。好きです。

7.Oriental Magician これもタイトルの感じは受けません。何もありはしない、無で覆いつくされている宇宙空間を一人乗りの宇宙船で飛んでいる、そんなSFの世界が頭の中を過(よ)ぎりました。

8.破邪の小太刀 Oriental Magicianと同じようにSFの世界を思い浮かべます。タイトルの感じはしません。でも、これ、いいです。私は最初から4小節目がツボです。大好きです。

9.魔鏡 これゲーム中だったら、身も心もバーニングになっていると思います。

10.the Legend of KAGE 闇夜を照らす月の光が映し出す影の感じが出ています。

11.いざ、倒れ逝くその時まで 8ビートから16ビートに変わって5小節目から8小節目あたりが大好きです。ゲーム中なら燃えまくっているはずです。これ心に響いてきます。

12.Civilization of Magic 幺樂の中で、懐かしきゲーム音楽の世界を最も想起させる曲のひとつです。砂漠化した、荒廃した世界、悲しげで儚(はかな)げで、まぶしい太陽の陽の光が降り注いでいるのだけど、それでも覚悟を持って強く生き抜いていく。そんなイメージを持ちました。幻想郷の世界とはおそらくかけ離れていますが、そんな昔プレイしたゲームの世界を思い出させてくれました。

13.星幽天使 主旋律のメロディがいい。曲が進むにつれてだんだん激しくなっていくのだけれど曲の区切りで一気に曲の最初の暗い感じに戻るところが物凄く淋(さみ)しくなります。

14.アイリス 静かに佇む幻想郷の世界に自分が溶け込んでいるのではないかと思うほど幻想的で好きです。

15.テーマ・オブ・イースタンストーリー 新曲です。「東方を遊んでいれば誰もが聞いた事のある新曲です。」と神主が言う通りです。幺樂団の歴史の締めの一曲にふさわしい曲だと思います。

 今回の曲全てに言えることですが、哀しく切ない感じが漂っています。激しい曲もあるのだけれど、哀愁が沁みわたってきます。私は季節によってヘビーローテーションを入れ替えていますが、この楽曲たちは冬に聴くとより輝く曲だと思います。神主が自ら「意外と良い曲が多い」と言っているように、完成度は非常に高いです。現・東方らしさはまだ薄いと感じましたが、1980年代、1990年代のゲームミュージックが好きな私は心打たれています。ところどころにこのフレーズ好きだなあと思うものがあるんです。今回も感想をひとつずつ書いていきましたが、実は少し書きづらかったです。というのは、このCD、東方の曲を味わったCDというよりは、自分の中に、非常に懐かしい、哀しくもあるんだけど温かい、時の流れをゆるやかに感じていたそんな幼き時代、をどの曲においても強く感じたCDだからです。そのためにそれ以上に言葉が見つからないのです。またところどころ好きなフレーズがあるのだけれども、一曲通じて、これを書いている現時点では、自分の中で大ヒットでは無く、中ヒットだったからというのもあります。現時点では、です。今これを綴っていて、集中しています。書くことのために神経を鋭くさせています。よって、音楽が心に響いてくる経路にフィルターがあってここに届きにくくなっているからです。またしばらく経って、ポータブルオーディオなどで数多く入っている楽曲群の中で出会った時には私の中で大ヒットするものが出てくると思います。そんなわけで、期待を裏切らなかった、満足のいく一枚でした。

 そして、このCDのZUNさんのあとがきの最後の2行、私も共感します。改めて考えたりもします。

 最後にもうひとつ、これで幺樂団の歴史は最後らしいですが、これまで発売されたCDではまだ数曲しかお目見えしていない、「西方」シリーズ「秋霜玉(しゅうそうぎょく)」、「稀翁玉(きおうぎょく)」(http://ss-do.hp.infoseek.co.jp/saku.html)で使われた楽曲もCD化して欲しいです。

「秋霜玉」、「稀翁玉」、是非聴いてみたいです。
スポンサーサイト
2008.02.02 Sat l 音楽 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。