上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ブースNo272.「TAILWIND・colors」が無料配布していた、

 マリアネタバレ設定本

をゲットしました。

 この小冊子、「Maria-天使のキスと悪魔の花嫁-正しい性生活ハンドブック」とあり、その名に恥じない中身でした。表紙含めた32ページの中に、あらすじ、キャラクター説明、コンテ、原画と充実していました。

 攻略可能なキャラクターは7人いるようで、その中で一番気になったのは、ヒロインの天使「マリア・ラースフェルト」です。穢れ無き純情な性格はまさに天使。そんな娘が淫らになっていくところは必見でしょう。

 あと気になったのは、「ティリア」というキャラ。CLOCKUPの「かけた月は戻らない」の「花月」に瓜二つなので、おそらく原画を描いた人が同じなのかもしれません。気弱で臆病な性格も似ていて、どんなエロが待っているのか楽しみです。

 そして、何より興味を惹くのが、触手が登場する事。悪魔アルプとその悪魔にサキュバスとされてしまったマリアのかつての部下4人もいるわけで、触手責めのシーンは豊富にありそうです。

 「Maria-天使のキスと悪魔の花嫁-」がエロ満載であることをこの小冊子で思う存分見せられたという感じです。裏表紙のアルプのよだれたらしたシーンからコミカルな部分もあるようで、非常に楽しめそうです。しかしこんなにエロCGてんこ盛りの小冊子を配っちゃっていいんだろうかと思わずにはいられない、これだけでも満喫できてしてしまいそうな大満足なアイテムでした。
スポンサーサイト
2008.01.14 Mon l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。