上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今年は色々と「初体験」をしてみようと思っています。私は夢中になるとそれ一辺倒になってしまう性質(たち)なので生活に新たな潤いをもたらしてくれる何かを日々探して生きたいのです。そんなわけでよりディープなオタになって新たな世界を見てみたいし、ブログというコンテンツを持ってみたりと、少し生活に変化をつけようとしています。

 そして最近新たに試みたのが、掲示板にコメントを書くということです。私は今まで生きてきた中で掲示板はただ眺めるだけのものでした。受信するだけの存在だったのです。なので、発信する側になってみようというのは、自分の中では大変革なのです。

 そこで、FC2ユーザーが他の人のところを訪れた時に残す足跡のリストを見て、私が吃驚した著名な作家のブログからその方のサイトの掲示板に行って応援のコメントを残してみました。

 掲示板に書く、それだけでも勇気がいるものです。一応、世界中の人間が見ることができるわけですから。私のブログを見てくれてありがとうございました、という意味をほんの少し込めたコメントを書かせていただきました。

 しかし2日後、もう一度訪れてみたら、削除されていました。かなりがっかりしましたが、考えてみました。なぜ消されてしまったのかを。私がコメントに書き残したのは、

 1.その作家の作品が良かった事
 2.その作家のブログを見ましたという事
 3.今後も応援していますという事

の3点です。消された原因は、2.その作家のブログを見ましたという事だろうと思いました。
それはブログからはその作家のサイトにリンクが貼ってあったのですが、サイトからブログの方へはリンクが貼ってありませんでした。サイトの方の更新がご無沙汰になっているようなので、当然ブログへのリンクを貼るという作業をしていないからだけでなく、まだブログのことを公にしたくなかったのかもしれません。そしてそのブログが本当にその作家のブログなのかどうかも疑問符がつきます。ということから、ブログのことを書いたのは時期尚早であり、もしかすれば全く関係ないことを書いたということになるのではないかと、推測しています。

 というわけで、今回は残念な事になってしまいました。その作家の人にも申し訳ないことをしただろうし、私自身も軽率な行動をしたことが悔やまれます。反省すべきであるし、だからといってショックに打ちひしがれるだけでなく、ひとつ経験になったとプラス思考も持ち得たいと思います。多くのことを学ばせてもらった体験でした。
スポンサーサイト
2008.01.10 Thu l 雑記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。