上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 私がこのブログを始めて1週間が過ぎました。オタライフ同様、ブログ初心者な私にはまだまだブログの機能をフルに使いこなせてはいません。訪問者リストもそのひとつです。訪問者リストのことが何なのかよく分からなかったので始めに検索、FC2ブログユーザーがログインしている最中に他のFC2ブログを訪れると足跡としてブログ管理者にはリストとして見る事ができるというものだと知ります。そして改めて訪問者リストを見てみました。

 まだ始めたばかりですが、私のブログに関係ありそうなブログ、そうでないブログを作っているFC2ユーザーが足跡が結構な数残っていて、驚きました。そして更なる驚きが私を襲います。訪問者リストのの最初のほうに、

著名な名前があるではありませんか!

ブログ名・管理者・ジャンル・プロフィールが足跡ひとつには載るのですが、その管理者の部分に、私の見知る名前があったのです。

柊ゆうとはこんらんしている(DQ風)

となったのはいうまでもありません。まさか、本人なのか?他の誰かがユーザー名として使用しているだけなのか?早速そのブログを開く、否その前に、「そのブログ名 ユーザー名」で検索してみました。サイトはヒットするのですが、ブログは出てきません。そこで勇気を出して、足跡を辿ってブログに行ってみました。そこに現れたブログは、ブログ名が変わっていました、サイトと似たものに。次にプロフィールを見てみると、私も知っている内容が。さらにその下を目で追っていくと、リンク欄があり、そこにはサイトへのリンクなどがありました。そして何より、ブログの記事には、

あー

なものが!

 もし、作家本人であったなら、ありがたい事です。忙しい仕事の合間にふと目を留めてくれたこと、嬉しく思います。もう作品に出会ったときから私は夢中ですから。コミケの記事をピンポイントで検索そして読んでくれたことは、偶然の産物かもしれませんが、吃驚しています。このちょっとした交流が私は大変嬉しいです。

 私は、書いているこの瞬間も浮いた心地であり、右も左も分からなくなっている始末なのですが、作者本人が一人の些細なファンの一文に時間を割いてくれたとしたら、素敵なことです。一年の始まり、そして私にとって転換期になるかもしれない2008年のスタートに良い影響がありそうな出来事でした。

(落ち着きを取り戻してから自分の書いたものを読み返してみると、ブログ管理者にしか分からない足跡なのだから、本人の名前そのまま綴るのは迷惑がかかるし、と思い返し書き直した次第であります。いろいろと暈(ぼか)してみました。この作家のブログはコメントもWeb拍手も出来ない仕様だったので、レスポンスとして私もFC2の足跡を残しておきました。「リンクに追加」ボタンも押していいものか分からないので何ももせずにいます。兎にも角もブログに上げる前に冷静になって良かったです。)
スポンサーサイト
2008.01.06 Sun l 雑記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。