上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 コミックマーケット80二日目を満喫したあと、早速買ってきた、上海アリス幻樂団の最新シューティングゲーム、東方Project第13弾「東方神霊廟 ~Ten Desires.」をプレイ、そしてEASYをノーコンティニューでクリアすることができました。

 EASYですらこれまで苦労していたというのに、あっさりと。私にとっては快挙です。キャラクターで選べるのは4人。今現在、最初は「博麗 霊夢」でコンティニュー使ってクリア、「霧雨 魔理沙」でコンティニューを使ってクリアまであと一歩。「東風谷 早苗」はコンティニュークリア。そして、「魂魄 妖夢」でなんとノーコンティニューでクリア。どれもイージーでのことではありますが、まだ一度ずつのプレイだというのにクリアできるなんて夢でも見てるのではと思ってしまいました。イージーでコンティニュークリアすらできないことだってざらなのに。

 いつもどおりのシューティングゲーム。神霊を集めるとどういう効果があるのか、色で違う気がするけれど・・・などゲーム内のマニュアルを軽く目を通しただけでプレイ。で、ようやく理解し始めたのが妖夢でプレイしているとき。妖夢は低速移動だと弾が撃てないという仕様。ボス戦ではいつも画面の下のほうで低速移動で守りに徹している私にとって、低速移動しにくいプレイスタイルでいかなくてはならないなんて難しい、とプレイ前は思いました。しかし、オプション機を広げればボスと自機が直線上にいなくても攻撃できるし、オプション機を自機と重ねることで集中的に攻撃できることが功を奏しました。いつもなら、6面、最終ステージのボスの最後のスペルカードの時点で、十分に自機の数を残しておかないと倒せません。しかし、今回は次に弾に当たったら終了というもうあとがない状況でも、ボム2つを有効利用して何とかなってしまいました。途中で、「これは何とかなりそうだ。」などと希望的観測が頭に浮かぶのも初めてのこと。そして、クリアへ。あっけない?いえ、非常に感慨深いです。今回のEASYモードはシリーズの中でも簡単な部類なのかもしれません。しかし、東方紅魔郷以来からの長い道のりがあったわけで、あっけないなどとはつゆにも思いませんでした。

 音楽もあいもかわらず素敵です。1ステージから「私が思う東方らしさ」全開で。東方風のコード進行全開で。どの曲が好きになるかはまだわからないですが、じわじわと好きな曲ができるのかなと思います。聴いた瞬間に「この曲に出会えてよかった、出会わせてくれて本当にありがとう。」とまで思うことは今のところはないですが、それはプレイに必死で必死で仕方がなかったというのが影響しているからに違いありません。それと、聴き慣れた感が今までで一番強いかもしれません、私にとっては。それがいいんです。「東方!」とはっきりわかるものこそ私が望んだ、今回だって一日でも早くプレイしたいと思った要因なんですから。そうでないものももちろん好きです。第3ステージのボスのテーマとか。

 「東方神霊廟」、コミケ会場に足を運んで、1時間行列に並んだかいがありました。満ち足りています。1ヶ月すればも店頭で買えるからいいなんてどうしてこれまで思っていたのか。(いえそれでもいいのですが。)実際コミケで買ってすぐにイージーのノーコンティニュークリアだなんてもう嬉しすぎます。ここから私がノーマルでクリアは果たせる日は来るのか来ないのかは全く以(も)って未知ですが、存分に楽しみたいと思います。




蛇足

 ・CDケースの背の部分、「東方神霊廟 ~Ten Desires.」が「東方神霊廟 ~Ten Disires.」という表記になっています。この誤植はきっとコミケ会場来場者への特典なんだと解釈しています。

 ・ゲーム内で見れるマニュアルの最後の一文、私の脳内ではフェリ・ロスの音声に変換されました。
 
スポンサーサイト
2011.08.14 Sun l コミックマーケット80 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。