上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 PSP「プレイステーション・ポータブル」モンスターハンターポータブル 3rd ハンターズモデルの触り心地を味わうがために、PS2ソフト、Fate/stay night [Realta Nua]に付属していた「とびだせ!トラぶる花札道中記」のふりー対戦モードで遊んでいます。ハンターズモデルを購入してよかったと改めて思っています。

 そこで、ハンターズモデルをもう一台欲しくなり買いに行きました。今手元にあるハンターズモデルを買った店はすでに売り切れているだろうけれども、あれだけ人気(ひとけ)の無い店ならまだ売れ残りがあるはずに違いないと。段ボール箱にほぼ手付かずの状態で積んであったくらいの店へ。しかし、結局その店に行く前の別の店に立ち寄ったところで買うのを保留することにしました。

 理由は、ハンターズモデルのモックアップの状態を見たからです。ハンターズモデルを買って満足を感じているのは、表面がラバー素材で覆われていることです。しかし、この「ラバー素材で覆われている」というのは正確な表現ではないなと気づいたのです。確かにラバー素材ですが、部品がラバー素材で作られているのではなく、もっと正確に表現するなら、プラスチックにラバー素材が「塗装」してある、というのがモックアップを見てわかったのです。

 発売日当日にはまだ気づきませんでした。その気づかなかった部分が再度店に足を運んで露見していたのです。私が見たのはラバー塗装が傷ついた状態のモックアップでした。塗装が想像以上に薄いことが視認出来たのです。

 ラバー素材で無い金色の部分も塗装が剥(は)がれ白いプラスチックが見えていました。この部分は別に手の感触に影響しない部分なので、塗装が剥がれるのが著しく速いなとは思いましたが気にはなりません。

 そして、黒色の部分の塗装ですが、剥がれるというよりも傷がついた部分から捲(めく)れている感じで、内側のプラスチックが現れていました。まるで夏に日焼けしすぎた後に皮膚がまだら模様にめくれているかのようでした。普通の塗装と比べて、ラバー塗装の穴が開いた姿は無残この上ないです。その捲れた部分を見て、ラバー素材をかぶせて作られていると思い込んでいたのは間違いで、ラバー素材を吹き付けるとか何かして、薄い膜がプラスチックの本体にくっついているだけなのだと知りました。

 傷が無残に見えるだけならいいのですが、傷が拡大しやすいのではないかと見ました。夏の日焼け後のまだら模様の皮膚と書きましたが、その皮膚のようにはがしてくれ、めくってくれといわんばかりに破けた跡が残っているんです。そんなに容易(たやす)くは傷が大きくならないとは思いますが、2台目を買いに行くのを留まらせるには十分でした。

 ラバー素材で部品を作っているためにPSPが少し重く感じると思っていました。が、そうではなく、単にバッテリーパックが容量が大きくなってその分重く感じていたことに気づきました。バッテリーパックのふたが非常に軽く、ふたの裏側がプラスチックであるところから、ラバー塗装の薄さに気づくべきでした。

 皮膚のように薄い膜のラバーが表面を覆っているに過ぎないことを目的の店に行く前の寄り道で気づき、二台目を保存用に買っておくほどのものか疑問を感じてしまいました。保存用として保管しておくよりも、ハンターズモデルが調子悪くなったときに普通のPSPを買い、モンスターハンターポータブル 3rd ハンティング グリップ Sを買い置きしておいたほうがいいかなと。ハンターズモデルにグリップを同時購入せずに様子見しようと思ったのも、グリップとハンターズモデルの接触面が傷を作るか否か本体を買ったときには判断できなかったのでよい選択だったと思っています。

 PSPハンターズモデルは傷には弱いのかもしれないと思っています。傷をつけない限りはこれまでのPSP本体の中で一番素晴らしい一台なのは確かで、傷がついてしまうと逆になる可能性もある一台。至福の時間を守るため、今手にしているお気に入りの一台を乱雑に扱うことの無いよう注意していきたいです。
スポンサーサイト
2010.12.09 Thu l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。