上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 行ってきました、コミケ。しかし、今回来場者のマナーが悪化しているように感じました。開会前の列移動の時に、後ろから押すわ押すわ。強引に前に横は入りしようとする人間が多すぎ。小雨が降っていて足元が滑りやすいというのに、自分の事しか考えないオタクが多すぎです。ビッグサイトの入り口の階段のところにガラスが散乱していたりして、少し危険を感じました。あと女性のヒール付の靴はおしゃれのためかもしれませんが、スニーカーにした方が安全ではないでしょうか。

 私は企業ブース中心に回る予定でしたが、1日目で大抵目的は達成しました。しかし、気になった事がひとつあります。「最後尾」のプラカードに商品リストを掲示しておいて欲しいです。コミケには初参加者も多いですし、初めて知る企業もあります。それなのに何を売っているかも分からないのでは、企業のためにも来場者のためにもなりません。特にNice boat.は買う寸前になるまで何を売っているのか、値段はいくらかなど、全く分からないようになっていて不親切でした。ニトロプラス・ニトロプラスキラルのように非常に大きなプラカードにしたり、Navel/Limeのように商品リストを載せたパンフレットを配布するというのは良い例です。フロンティアワークスは商品が多いにもかかわらず、見やすい表になっていて好感が持てました。最後尾のプラカードに商品リストを掲載するだけで、企業・来場者ともに利益になるので、ぜひ一考してもらいたいです。

 それから、これもどの企業ブースにおいてもなのですが、一人につき商品限定数は1として欲しいです。最初に限定数2や3にして途中から一人ひとつまでとなり、最終的に長時間長い列に並んでいたにもかかわらず買えない状況を多数目撃しました。2日目3日目で商品が余ってしまっているならいざ知らず、初日は、在庫よりもまず、一人でも多くの人にコミケに来て良かったと思ってもらうためにも一人でも多くの人に商品を行き渡らせるような配慮が欲しかったです。私も始発電車に乗って到着したにもかかわらず、買えなかったことがあります。もちろん在庫数には限界があるので、せめて一人一人に行き渡るような姿勢があるといいように感じました。複数買って他のブースに並んだ友人との共同作戦を取る人たちやオークションに出しすために複数購入する人たちよりも、まず並んだ人たちを大事にする事はできないものでしょうか。

 最後に帰る時に感じたのが、エスカレーターで右側の通路を空けていない事。東京ではそうするのが一般的なので、その方が、よりスムーズに人が流れるのではないでしょうか。

 今日のまとめ
 
 押すな割り込むな
 プラカードには商品リストを
 商品は一人にひとつ 並んだ人を大切に
 エスカレーターの右側は通路として空けろ
 


 です。参加者全員が少し思いやりを持つだけでより素晴らしいものになると思うのですが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト
2007.12.29 Sat l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。