上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 お台場でガンダムを見たその帰り、少しフジテレビのお台場合衆国などを散策した後、再び国際展示場まで歩いて、それから電車に乗って帰宅することにしました。近くの駅から電車に乗れば良いじゃないかといえばそれまでですが、コミケが終わった後の東京ビッグサイト付近ってどんな感じなのかなとふと思ったのです。人はどのくらい残っていたりするんだろうか気になったりしたので。ということで、ここまで来た道を見つけ歩(ほ)を進めました。

 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の会場を出るころには少し疲れてきたかなと感じていました。しかし、私は国際展示場まで戻ろうと思ってよかったと思う瞬間が、その道すがらにありました。それは、夢の大橋にたどり着き、その光景が目に入った瞬間でした。空が紫がかり、人気(ひとけ)がほとんど無く、大きな橋とそのまま続く幅も非常に広い一本の白い道。この景色を見た時、ふと頭を過(よ)ぎったのです。

英雄伝説6空の軌跡SCの終章の世界

が、です。橋から国際展示場の付近までを一望した瞬間、もし現実に高度文明がたとえばSC終章のようにかくかくしかじかであったなら、こんな寂寥(せきりょう)を同じように感じるのだろうかと思いながら暫(しば)しの間、呆然と立ち尽くしてしまいました。

 夏コミで収穫が少なかったことそして実物大ガンダムを見に行ったことという二つの事柄が重なったからこそ出会えたこの光景。ちょっとしたいい思い出となりました。
スポンサーサイト
2009.10.02 Fri l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。