上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 コミケ終了後、その足でお台場で開催されていた「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の会場に行ってみました。

 夏コミであまり購入しなかったので手荷物が少なく体力にも余裕があったので、徒歩で移動。徒歩で移動しようと思ったもうひとつの理由は、どの辺りからガンダムの巨像がちらとでも見えるのだろうと期待していたからです。夢の大橋を渡り、ヴィーナスフォート、砂浜を通り過ぎ、30分ほどで到着。高さが約18メートルもあるということで、砂浜あたりで、ガンダムの頭部くらいは見えるのかなと思っていたら、なんと会場に入るまで一切見えなかったのには驚きました。高さ18メートルあって、こんなに近くまで来ないと視認出来ないという事は、リアルにこのような軍事用ロボット兵器が存在し市街地で戦闘が繰り広げられていたとしたら、市民がロボットを視認したときにはもう逃げられない状態になっているかもしれないということです。少し恐ろしいです。フルメタルパニック!で登場するロボット、AS(アームスレイブ)は高さ8メートルとさらに小型で、こうなると市街地で自分がいる場所から建物を挟(はさ)んでロボット同士で戦っていたとしてもロボットの足音や銃声などの大きな音が響くだけで、それ以外は何も分からないままいきなり建物が崩壊してきて・・・・・・、なんてことになるのかなと想像してしまいました。

 会場に到着して、実際にガンダムの立像に触(さわ)れるということで、そのための行列に私も加わりました。そして、順番がすんなり回ってきて、ガンダムの真下まで来たときに思ったのは、意外に足底や掌のサイズが小さいんだなということです。アニメなどでこのような巨大ロボットが人を踏んづけようとする場面があったりしますが、それは少し無理があるのかなと思いました。そこまで大きくは無かったです。ロボットが人間を握り締めて・・・というのも、サイズ的に厳しそうです。となると、上述したこのガンダムよりもかなり小さなアームスレイブではもっと無理があるわけで、フルメタルパニック!で相良宗介の搭乗する「ARX-7アーバレスト」が千鳥かなめを掌に乗せて運んだシーンは成立しないのかなと思ったりしました。

 ガンダムの脚の外装を触ることが出来ましたが、これは何の素材で出来ているのでしょうか?まあ、実用可能なロボットを造ったわけではなくあくまで立像を造っただけのものなわけですが、実際にミサイルが当たったとしたら木っ端微塵であるに違いない脆弱さを思わせる、そんなプラスチックでした。でも、逆に攻撃に耐えうるほどの強度を持つ外装って、どういったものになるのかとも考えてしまいました。薄い素材では無理そうだけれど、分厚くすると重量が大幅にアップしてしまうだろうからです。こんな巨大ロボットよりは近い将来に実用可能になるであろう、人間が装着できる人間の動作を補助・強化するためのパワードスーツでも現時点ではかなりの重量があります。より軽く強度もある素材なんかが今後必要になり実現していくのかなと思うと少しわくわくしたりしました。

 会場に着いてから、実際にガンダムに触れ、会場を離れるまで、ものの10分ほどしかいませんでしたが、今後アニメなどでロボットが登場した時にはこのガンダムのサイズが脳内で妄想する時に非常に役に立つでしょう。そう考えるとガンダムの実物サイズを目(ま)の当たりにすることが出来たのは非常に貴重な体験でした。2009年8月いっぱいの公開でこのガンダム像は解体されてしまったのですが、また復活してほしいものです。



蛇足

 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の「GREEN TOKYO」って一体なんでしょうか?すごく胡散(うさん)臭いです。

 そもそもガンダムって、結局のところ「殺戮兵器」です。何処まで行っても戦争の道具です。それを緑化の象徴というコンセプトを持たせようとするのは無理があるように思えてなりません。

 さらに、これをオリンピック招致のアピールにも利用するそうですが、平和の祭典でもあるオリンピックと殺戮兵器をリンクさせようとする発想はすごいものがあるという驚きでいっぱいです。「ガンダム30周年記念として造る」、これだけで十分なのに、と思ってしまいます。緑化アピールやオリンピック招致の宣伝とか必要なかったのではないでしょうか。私は、アニメ大国としてのアピールといった形で建立(こんりゅう)してみたというだけでいいのに、と思うのですが。


追記

・アテネはオリンピック発祥の地なので構わないと思いますが、今までに2回開催した都市って存在するのでしょうか?日本でやるなら、別の都市で立候補したほうが誘致しやすそうに思います。開催地がもし東京で決まったなら、私は大いに楽しみたいです。けれども、私が招致委員であったなら、「一回も開催されてないところがあるというのになぜ東京が立候補するのか。」とまず候補から消すでしょう、きっと。

・私は毎回アテネで開催するのが一番なんじゃないかと最近考えています。そう思ったのには、いくつかの理由があります。まず、環境の点で。毎回毎回五輪が開催されるごとに世界中に箱物を建設していくわけです。環境のことを考えるなら、ひとつの場所で同じ箱物を使って行うほうがいいはず。とすると、開催地をアテネで固定すれば良いじゃないかと思うのです。二つ目、映画祭のことを思い浮かべて。ベルリンなどで映画祭が開催されていますが、この「お祭り」は都市名がついているから当然ではあるのですが同じ場所でやっているなあと。それならば、どうしてオリンピックは開催地をころころ変えるのかなと不思議に思ったのです。もうひとつ、「聖地」として。今年も高校野球の季節です。たとえば高校野球には「甲子園を目指す」という、場所自体にも大きく意味がある感じがします。テニスのウィンブルドンのセンターコートも然(しか)りです。同じところでやれば、「このトラックで走りたい。」などといったことになったりしないものでしょうか。スポーツの「聖地」という意味合いがあるほうが、シチュエーションとして燃えるのですが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト
2009.09.30 Wed l アニメ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。