上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ブースNo.142「電撃家」で3日目に購入しました。

 内容は、

 コミック電撃学園2007WINTER ………500円
 (http://www.mediaworks.co.jp/topics/071221_comiket73/index.php
です。

 私は大抵、品物の詳細を知ってからでないと購入しません。というわけで、通販にも手を出す事はありません。本については特にそうです。ざっと読んで面白そうだからこそ、購入します。したがって、今回中身が確認できなかったため満足できるものか否か不安でした。

 結論、買って正解でした。同人誌と比較してもこれだけのページ数でこの値段はお買い得でしょう。そして何より、漫画楽しめました。私は電撃萌王は読んだ事無いですし、電撃大王も久しく読んでいません。なので、このコミックが月刊誌の外伝的なものなのかどうかも分かりませんが、読み切りとして十分面白い作品群でした。いわさきまさかずさんの「がんばって!田中ちゃんっ」御形屋はるかさんの「蜜の契約」爆天童さんの「浦幌姉妹の日常~はじぶら編~」は、表紙に掲げてある「永遠の男子中学生たちに捧ぐ、ちょっとHなコミック誌!!」というフレーズにある通りのお話でした。うさくさんの漫画「キッコとタレ美のコミケ大作戦」と「電撃学園校歌」には笑わせてもらいました。

 カラーイラストは、「電撃学園『もも組』テレカ3枚セット」及び「電撃学園『いちご組』テレカ3枚セット」と同じイラストが5枚と、テレカと同等もしくはそれ以上のフルカラー漫画だったので、大満足です。私には、公衆電話も減ってきて使う機会もなくなるであろうテレカなんかよりも大きいサイズのこの冊子のイラストのほうが大好きです。特にトモセシュンサクさんのイラストは、なぜこのようなシチュエーションになったのかも気になる、ドキドキな一枚でした。

 イベントでしか購入できないというのであるならば、コミケで購入できてよかった一品だったと思う本でした。
スポンサーサイト
2008.01.04 Fri l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。