上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「Vantage Master Portable(ヴァンテージマスターポータブル)」が発売されて、1ヶ月以上が経ちました。このゲームが面白い事はPCゲームの「Vantage Master」を全てのマスターでクリアしたほどプレイしたくらいなので十二分に分かっているのですが、購入を踏み止まっています。その理由は、

1.「英雄伝説6 空の軌跡」のキャラクターが新しく追加されたが、そのシナリオモードでのストーリーがどのくらい面白いのかがはっきりしない。

2.対戦マップがPC版と全く同じなのか、それとも新マップが追加されているのかはっきりしない。

3.アドホックモード(DSでいうワイヤレス通信。すぐ近くの人とケーブル無しで通信できる。)では対人戦が可能らしいが、ネットで対戦できるのか、そして、常時対戦できるほどプレイ人数が存在するのかはっきりしない。


の3点です。

 1.は「空の軌跡」のどのキャラも魅力あるキャラクターだったのでそのミニエピソードを味わいたいとは思うのですが、それだけで購入したいかとなると決め手に欠けます。

 2.これ重要。MAPが同じならもう十分堪能したので、また同じものを買っても・・・と思ってしまいます。PC版とPSP版の差異が公式では全く発表されていないようです。

 3.ですが、DSのwi-fiのように気軽に世界中のプレイヤーと対戦ができるというのであればいいのですが、そういうわけでは無さそう。そして、オンライン対戦可能だとしても、その接続までのステップが多くなればなるほど、オンラインで対戦できる人数は減っていきます。たとえば、Yahoo!ゲームでのチェスのように探せばいくらでも対戦相手がいるという状態は望めない。たとえば、このソフトが1万本売れたとして、オンラインで常時どのくらい対戦を待ち望むプレイヤーが存在するのかが不明。世界中にプレイヤーが数千万なのか数億なのかは知りませんが、チェスプレイヤーのようにべらぼうに人数が多い中、ネットでの対戦を楽しむプレイヤーは数千人単位。これくらいいればずっと楽しめます。では、ヴァンテージマスターではどうかといえば、チェスと同じ比率で考えるとほとんどいない事になります。数十人いたら御の字のような気がします。さらには、チェスのようなボードゲームと違って廃(すた)れる速度は速いです。すぐに対戦相手がいなくなってしまいます。たとえば、ジャンルは違うのですが、wi-fiで気軽に対戦できた「真・らき☆すた 萌えドリル∼旅立ち∼」はもう全く対戦相手がいない状態ですし。

 なので、迷っています。そこで、その思いを紛らわすべく、「VMJapan」+「VM JAPAN パワーアップキット~富嶽幻遊記~」をプレイしたりしています。本当であれば、購入して感想でも書ければとも思うのですが、まだ様子見しています。もう少しネット上に情報が出てきてから再考しようと思います。
 実は、この記事を書いてから1ヶ月経過しています。「ヴァンテージマスター」シリーズに関して、どの部分に面白さを感じているのか、戦略、戦術などどんな事を考えながらプレイしているのかなどもゴールデンウィーク辺りに「VM Japan」をプレイした時に書いたのです。。ただ、かなり膨大になってしまって、しかもただ、だらだらと長くなっていて全くまとまりが無かったりして、記事としてアップしませんでした。で、今回「Vantage Master Online」(「Vantage Master」、「Vantage Master V2」のCD-ROMが見当たらなかったので。)をこれまた久々にプレイして、今考えている事と、1ヶ月前に書いたことに大差が無かったので、ほぼそのまま載せてみました。また、ネットで出ている情報がほとんど変化なかったのもこれを載せた理由です。そして、まだ購入には至っていません。「モンスターハンターポータブル 2nd G」のように、もっとユーザーが増えてオンライン対戦が未対決の人と常時気軽にプレイできるようになって欲しいと願って止みません。
スポンサーサイト

2008.06.06 Fri l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。