上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「きらりん☆レボリューション」、久しぶりに観たら驚きました。3DCG作成ソフトを使って制作しているようですが、キャラクターが違和感たっぷりですwwwプレイステーションで1997年1月に発売された「ファイナルファンタジー7」の主人公クラウドの3DCGを見てから随分経ちますが、まだ違和感を感じます。映画「ファイナルファンタジー」やプレステ3ソフトのようなリアルさはアニメらしくないので求めていませんが、それまでのCGを使わないアニメーションの雰囲気を壊さずに3Dにする技術は10年経ってもまだ確立できていないのでしょうか。ミューコミ→FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50→ニコニコ動画を経て久々にきらレボを観る事にしたのですが、ニコニコ動画で観たときその3DCGは有志が作ったんだろうと思ったんですが、実際アニメ本編を観てそれと同レベルだったのに驚きました。従来のアニメーションのほうが慣れ親しんでいる事もあるし私は好きですが、3DCGの技術を蓄積することは今後のためには必要な事。なので、早く技術のレベルアップを期待しますw

 ストーリーは、ぶっ飛んでました。宝塚風キャラの濃さやこべにちゃんの占いというよりは黒魔術を任されたCMに取り入れようとしたことなど、アイドルを題材にしたストーリーではなく、もはやギャグのみで成り立っているような感じ。ひとつがっくりきたのは、花咲こべにちゃんが電波で不思議ちゃんだった事。ニコニコ動画で観たときには「こべにちゃん可愛い!これはアニメ本編を観なくては!」と思ったのに。外見だけに惑わされてはいけないということですねwホッとした事もひとつあります。なーさんのかわいさはそのままだったこと。最後に、「トゥインクルスター」2種類混ぜた時の色素敵なのでしょうか?どうみても怪しい実験の末に出来た危険な液体の色をしていましたがw

 「きらりん☆レボリューション」を久々に観るきっかけになったのは、Milky Wayの「アナタボシ」が東方アレンジっぽいと感じたところからでした。そして、それを検索していくうちにニコニコ動画を観ることになり、その後にアニメを観ることとなりました。これはやはり番組の広告としての効果がニコ動にはあるということなんでしょうか。そのメリットがデメリットを上回るものなのか下回るものなのかは今回だけでは私には分かりかねますが。でも、そのおかげで十分楽しめました。これから観る機会が増えるかもしれません。

 ちなみに、電波な花咲こべにと勝ち気な雪野のえる、この二人を見たとき、「フルーツバスケット」の花島咲と魚谷ありさを思い出したのは言うまでもありません。
スポンサーサイト
2008.05.18 Sun l アニメ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。