上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
  「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の視聴率が芳(かんば)しくないらしいです。2ちゃんねるのアニメ版のスレッド「コードギアス半額のカマキリR1.4%は糞アニメ32」によると、第4話までの平均視聴率は2.45%で、ここ数年のTBS系列で週末夕方に放送されたアニメの中では最も低いようです。

 なぜ視聴率が低いのかといえば、面白さ如何の前に

シリーズもので、前作を知らない人は観ないから

だと私は思うのですが。深夜アニメの時間帯は家庭で何気なくチャンネル変えていたら見つけてそれ以降観るようになったりというよりは、オタだけが観る時間帯ではないでしょうか。前シリーズで獲得した視聴者は続けて第2シリーズも観るでしょう。しかし、ストーリー途中からよく分からないまま観る事は面白さが半減するどころのものではないと思います。英雄伝説6空の軌跡」も第1作FC(ファーストキャプチャー)をプレイした後だからこそ続編SC(セカンドキャプチャー)を堪能できるわけです。「Fate/stay night」のプレイ後だからこそファンディスク「Fate/hollow ataraxia」が十二分に楽しめるんじゃないでしょうか。

 ところで、前作「コードギアス 反逆のルルーシュ」は深夜アニメの中でも視聴率が良かったのでしょうか。私はよく知りませんが、DVDがよく売れたなど、何かこのアニメが人気であると判断する材料があったからこそ日曜夕方の時間帯に進出したのでしょう。しかし、前作のファンは続けて観ているとしてもそれ以外の視聴者を獲得できない状態に陥っているんだと思います。つまり、第2期も深夜に放送していれば十分成功と言われただろうけれど、日曜夕方という、視聴者の数が深夜よりも大幅に増えている時間帯で前作からのファン以外の新規ファンを獲得できなかったがために苦戦していると捉えられるのかもしれません。

 「ファースト」からの連綿たる歴史をもつ「機動戦士ガンダムSEED」は全49話の平均視聴率が6.14%でなかなか高い視聴率。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」も同様に高いですが、続きものであるために前作SEEDよりは平均視聴率が5.39%と減少しています。「R2」の前、2007年10月から2008年3月にかけて放送していた「機動戦士ガンダム00」は2部構成です。そして、第2部へのファン獲得のために第2部開始前に再放送をするという戦略をとっています。「コードギアス」は最初から続編ありきというよりはおそらく第1期で人気が出たから続編の制作が決定したのだろうと思っていますが、続編をスタートする前に再放送をしなかったのも視聴率に影響しているかもしれません。

 私は前作から知っていて、このアニメを楽しんでいます。ルルーシュの弟として突如現れた新キャラ、ロロの動向やルルーシュが溺愛(できあい)する妹ナナリーの行方など気になる点が増えた分、第1話から第1期よりも画面に食い入るようにして観ています。しかし、面白いからといって視聴率が高くなるわけではないということがよく分かりました。

 ちなみに第1期第2クールにOPが変わった時観るのを止めようかと思ったのは言うまでもありません。
スポンサーサイト
2008.05.08 Thu l アニメ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。