上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 2008年5月5日24時に放送された「ミューコミ」の「タワーレコードシングルチャートTOP10」の第3位に、「きらりん☆レボリューション」の主人公月島きらり雪野のえる花咲こべにからなるアイドルユニット、「Milky Way」(ミルキィウェイ)が歌う

アナタボシ(2008年4月30日発売)

が登場しました。これを聴いた時すぐさま思ったのは、

これなんて同人サークルwww

、ということ。なぜそう思ったのか。それは

東方アレンジ

だと思ったからです。なぜなら、私が大好きな曲のひとつで「上海アリス幻樂団」の弾幕シューティングゲーム「東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」(2004年8月15日発売)のボス「蓬莱山輝夜」(ほうらいさんかぐや)のテーマ曲、

竹取飛翔 ~ Lunatic Princess


同人サークルがアレンジするとこんな感じの曲になると思ったからです。サビの部分のコード進行が「東方風」です。(別にそのコード進行が「東方」が起源というわけではないですが、「東方」でよく出てくるもので、私が「東方」らしく感じる、そして好きなコード進行です。)サビの終わり方も「東方」っぽいです。

Q.「アナタボシ」には歌があって、「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」には歌が無いから大きく違う?

A.二次創作では歌詞付きのアレンジも出ています。

Q.サビ以外は大きく違う?

A.ミューコミではサビのみだったので、「FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50」第898回のチャートに入っていたので聴き直してみました。東方アレンジCDを多く持っていますが、モチーフ(主題として曲の中で何回も登場する、特徴あるフレーズ)を用いているくらいで、あとは原曲とはあまり関係ないものが多いです。こんなところも東方アレンジに似ています。

 「Perfume」が歌う「ポリリズム」がどうみても「Daft Punk」風に聴こえたのと同じように「MilkyWay」の「アナタボシ」、私には「上海アリス幻楽団」の曲「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」の同人アレンジ風に私には聴こえました。漫画は教育上読むべきものではないと言われた時代から、マンガ原作のドラマが世に溢(あふ)れかえるほどの時代になりました。オタが好む音楽もこうやって少しずつ世に浸透していくのかもしれません。

 ミューコミで「アナタボシ」のサビを聴いた時、

えーりん、えーりん

と深夜に大声で叫んでしまいそうだったのは言うまでもありません。
追記:

 これを書いた後でネットで検索してみたら、「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」よりも「U.N.オーエンは彼女なのか?」に似ているという声のほうが多いことを知りました。けれども私は、主旋律だけでなく、3音からなる東方風重低音リズムなども合わせて、「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」っぽく聴こえました。それに、「えーりんえーりん・・・」とバックに入れたくなるので。それと原曲に似ているというよりは二次創作でアレンジするとこうなる、という印象を「アナタボシ」から受けました。まあいずれにせよ、私には「東方」風に聴こえます。
スポンサーサイト

2008.05.07 Wed l 音楽 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。