上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ブースNo.431「TYPE-MOON」で1日目に購入しました。

 内容は

 「Fate/Zero Vol,4 -煉獄の炎-」  ………1500円
 
 会場特典として

 1.「Fate/Zero」BOOK BOX
 2.ALL OVER/Zero
 3.C73特製しおり
 4.「Fate/Zero」特製紙袋
 (http://www.typemoon.com/event/c73/index.htm

です。

 小説はまだ読んでいません。、というわけで、ここでは特典のほうの感想を。

 やっぱり、何と言ってもゲットしたいと思ったのは、会場特典のほうであります。小説のほうは、あとから店頭で購入可能なわけですし。そして、私のお目当ては、2.ALL OVER/Zeroでした。

 イラストで惹かれたのは、武内崇(TYPE-MOON)、広江礼威、森井しづき、東出祐一郎(propeller)の方たちです。Fateの世界観に合っていて、小説を読む際に脳内で彼らのイラストのイメージを呼び起こして読み進めていきたいと思わせる絵でした。武内崇(TYPE-MOON)さんのちょっとコミカルなセイバーはいつもと少し異なる一面って感じで好きです。広江礼威さんの切嗣・セイバーはブラックラグーンの時とはまた違って、きっちりとFate/Zero仕様のイラストになっているところはやはりプロだなと思いました。森井しづきさんの余裕ある笑みを浮かべたイスカンダルと倉花千夏さんの荒々しいオーラを纏ったイスカンダルもかっこよかったです。 (倉花千夏さんの絵はFateとしてでなく単にそのイスカンダルに惹かれました。)東出祐一郎(propeller)さんのコミカルタッチのイスカンダルとその上に乗っかってる人(まだ小説一文字も読んでないので誰か分かりませんが)もいい感じです。デフォルメされた絵にも好き嫌いあるのですが、このイラストはもっと他のも見てみたい気にさせます。

 また、蒼月タカオ(TYPE-MOON)のイラストは、Fateとしてより「萌え」絵として大好きです。simo氏(TYPE-MOON)さんの絵もかっこいいのですが、Fateとしてではなく、アクションゲームなどで戦国もののキャラクターとして動いているところを見てみたいと思いました。どこか製作してくれないでしょうか。

 Fate/Zero一問一答は、小説読み終わってから読み直したいと思います。読後の人はきっとニヤリとしてしまう3ページだと思います。

 この小冊子、非常にいい出来で、獲得できて大いに満足です。

 その他の特典も含めただけで十分元取れた感じです。3.C73特製しおりもイラスト可愛かったし、4.「Fate/Zero」特製紙袋、これがまたいいです。夏込みの紙袋の時も思ったのですが、センス溢れる一品です。コミケでは萌え満載な紙袋が多い中、異彩を放っています。女性がちょっとしたものを入れる紙袋として使用するのに適していると思います。

 今回、

 「RETURN TO ZERO」
 (「Fate/Zero」オリジナルイメージサウンドトラック)  ………2,500円(税込)

は買えませんでした。購入した人に会場購入特典のシールを見せてもらいましたが、特典はそれのみで特に購買欲をそそられなかったので、店頭で購入すればいいかと思って、2日目及び3日目に再びTYPE-MOONの長蛇の列に並ぶ事はしませんでした。BGM13曲は気にならないのですが、ボーカル曲2曲は早く聴いてみたいです。Fateのボーカル曲はこの寒い時期に自分のヘビーローテーションに加えるのですが、BGMは特に思う事がないというか、ゲームにマッチしているとは思うのだけれども、それだからこそ少し空気のような感じで、それを強い意志を持ってぜひ聴きたいという感じで聴こうと思わないのです。というわけで、並びませんでした。その選択は正解だったと思います。TYPE-MOONの列の長さは企業ブースの中でダントツに長く、始発で来てもなぜか2時間も待ったくらいです。(この点についてはまた書く予定です。)2日目の途中から急に寒くなりだしたので、体力温存のためにも並ぶべきでないと判断しました。そう思うくらい長いです。

 長く書き綴ってしまいました。これだけ長くなるのも、やはりFateが好きだからかなと。今までの人生の中でこれだけひとつの作品にハマったというのはそう無い事です。コミケに興味を持ったのもFateがあったればこそですし。そして以前は感じなかったのですが、こんなにハマると、もうこれ以上のものが現れないくて人生の楽しさが半減してしまうのではないかとさえ思うのです。が、そんな心配事が無いくらい日本のオタク文化が発展していく事を私は切(せつ)に期待しています。
スポンサーサイト
2008.01.02 Wed l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。