上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 大塚志郎さんの「射~Sya~」第1巻を買いました。

 1巻目のみを買うというのは久々です。買うときは連載が終了した作品を全巻購入するとか、2回に分けて購入するという場合が多いし、特に近頃ライトノベルばかり読んでいてコミックスを買うこと自体がなかったのですが、特典付だったので思わず買ってしまいました。

 おそらく特典がついていなければ買うことはなかったでしょう。なぜなら、「雑誌ですべて読んでいるのにどうしてコミックスを買う必要があるのか」と思ってしまうからです。

 月刊ビッグガンガンの作品の中で真っ先に読んでいる漫画のひとつではあります。不純な動機で弓道部に入部する主人公という時点で面白いです。雑誌連載しているもしくは過去に連載した弓道漫画の中では一番好きです。(読み切り作品で面白い漫画はほかにもありましたが。)主な登場人物もみんな可愛くかつ面白いです。

 弓道のことがよくわかる漫画でもあると思いました。囲碁が題材の「ヒカルの碁」や三味線が題材の「ましろのおと」のように知らなかった分野の知識をかじることができる漫画に私は最近興味が移っているなと日頃思います。アーケードゲームを取り上げた「ハイスコアガール」も然りです。

 この漫画にも登場する「弓道教本」というのもざっと読んでみましたが、ほかの弓道漫画よりもきちんと描かれているなと思うことがあります。矢を放つ前、弓を引ききったときのポーズ(「会」と呼ばれているもの)が凛々しいなと私は感じています。そのとき、矢の位置が教本では唇の高さにあるのですが、ほかの漫画ではキャラクターの顔を隠さないように矢の位置がずらして描かれています。しかし、この漫画においては視点にもよりますが、ほかよりは矢の位置が正確で、かっこいいと思いました。(「ほかよりは」ですが。)

 気になったことがあります。それは、巻末の書き下ろしに弓道は「礼を重んじる」と書かれてる点。疑問です。弓道に限らず、武道をたしなんでいるからといって礼儀正しい人間になるとは思えないので。「礼を重んじる」人ならニュースで話題にならないはずです。出会ったことのある弓道をしている壮年の人も礼の精神には程遠い人でした。「健全な肉体に健全な精神が宿る」とよく言われますが、宿るかどうかは人それぞれだと思います。

 近場の武道館で気軽に始められるとのことでしたが、そもそも弓道場が近場にない!!!しかも弓の値段がかなり高いです。コミックス内から推測すると、初期費用が7万円くらいはかかりそう。これはかなり始め辛いです。やってみたいという気持ちを抱きはするものの、弓も三味線もほかのものもなかなかハードルが高いです。

 第2巻を続けて買うかどうかはわかりません。特典次第です。ほかの漫画でもそうですが、コミックスには雑誌にはないものがほしいです。コミックスカバーをとるとたとえば「ハヤテのごとく」のように表紙部分に書き下ろしの漫画が常にあってほしいです。それに、週刊雑誌のコミックスのサイズより少し大きいだけでかなり値段がつりあがってますが、この価格設定なら、雑誌掲載時にカラーだったページは余すところなくカラーにしてほしいです。なぜ雑誌より内容を劣化させるのかと考えてしまいます。「射~Sya~」には巻末に書き下ろしがあったのはよかったです。これもなければ本当にどうしてこのコミックスを買ったのかわからなくなるところでした。

 毎回毎回面白いので、この漫画が連載されている間はコミックスはともかく雑誌のビッグガンガンは買い続けるでしょう。できる限り、連載が長く続くことを願っています。



蛇足

・「引分け」、「金的」というのは弓道に由来のある言葉?

・月刊ビッグガンガン2012 vol.3特別付録のコミックスカバーの右下のメイドは、コミックスカバーを見ると美射部長っぽいけれど、髪の色からするともしかして正弓のお母さんでしょうか?アホ毛も異なっているので判別がつきませんでした。
スポンサーサイト
2012.03.02 Fri l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。