上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール 幻影の覇者ゾロアーク」を観て来ました。今年は、この時期既に上映を終了した映画館が多く、上映されていても上映回数が一日一回などでこれは観に行けないかもと思ったのですが、何とか観ることが出来、セレビィもゲットできてほっとしています。

 大きいスクリーンだったのですが、これまでに観たポケモン映画に比べて迫力無かったなあと思いました。戦闘シーンが数回ありましたがどれもこれも短かったし、ピカチュウのボルテッカーも映画の決め手という感じでもなく、ハイライトというハイライトが特に無い感じがしました。

 しかし、ストーリーは非常によかったです。よかったんだろうと思います。なぜなら、いつもなら映画館で映画を観る時、私はごく普通にシートに体を預けて肘(ひじ)掛に肘をついてゆったりとした気分で映画を楽しんでいますが、「ゾロアーク」は、いつの間にか前のめりになって観ていました。途中何度も姿勢を戻しつつそれでもすぐに前のめりに。次どうなるのかという期待感がいっぱいで最後まで目を離すことが出来ませんでした。

 特に好きなポケモンであるマッスグマとグラエナは登場していたし、エンテイ・ライコウ・スイクンが街を駆け回るシーンはゲーム「ポケモンレンジャー光の軌跡」と重なりましたし、タケシは画面いっぱいに口説いていましたし、ゾロアークとゾロアのお互いを想う気持ちも強く伝わってきましたし、ポケモン同士で一度はいがみ合っても仲良くなってピンチの時には駆けつけ助けていたし、リオカは可愛かったし、リオカは可愛かったし、リオカは可愛かったし。

 これはどうだったのかという部分も無いわけではありませんでしたが。プルーフというスポーツ・ポケモンバッカーの応援をしている女の子がなぜいたのかよくわかりませんでした。一人だけ映画の中で浮いていて、それならもっとそういったキャラクターを大勢出せばにぎやかでいいのにと思いました。それと、グレッグルの活躍をもっと見たかったなと思います。さびしかったです。

 気になる部分といえば、コーダイについてです。コーダイってそんなに悪者でもないような気がしました。罪と言える罪は、劇場版の舞台になったクラウンシティの草木を枯らしたことだけ。街を破壊し尽くしたわけでもなく、壊したようにCGで編集、見せかけただけです。過去にクラウンシティの草木を一瞬で枯らしてしまったっけれど20年前の、力を得る前のコーダイはそんな副作用があるとは思ってなかったのではないでしょうか。決して故意に起こした事態ではないような。まあ、あんなに緑がきれいなポケモンワールドにおいては大事(おおごと)なのかも知れません。リアルなら、その程度なんてことも無いでしょうに。毎年毎年いったいどれほどの森林面積が減少しているでしょう。それに比べると二十年に一度街一つ分の草木を枯らしたくらいでそこまでとがめられるほどではないだろうと思いました。もしかしたら、環境破壊は悪いことだと製作者が映画を見る子供たちに伝えたかったのかもしれませんが。

 コーダイが事業で成功したことも特に何か悪いことをやって成功したというのではなく、映画で観た限りではそれなりに社会に貢献していたように見えました。ポケモンゾロアークとゾロアそしてセレビィを痛めつけたことが悪いという判断なのかもしれません。ゾロアークとゾロアの二匹は密輸っぽいですし。前作「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール アルセウス超克の時空へ」の時と比べて、悪事だったとしても、ものすごく矮小(わいしょう)な感じがしました。ポケットモンスターダイヤモンド・パールで悪いやつといえば、ギンガ団ですが、それと比較しても、ギンガ団のトップ・アカギは世界を自分のものにしようとしていましたが、コーダイはそんなことは出来ず、結局運命に従って普通に事業で成功することを目指しただけに過ぎないような。力を悪事に使用するようには見えませんでした。私はコーダイがそんなに悪い人物だったのかについて疑問に思っています。

 映画が終了して最後エンディングテーマが流れるところは前作・前々作に比べると味気ない感じはしましたが、これで「ダイヤモンド・パール」は終了するんだなということがはっきり伝わるものでした。それから、サトシのライバル・シンジの表情がすごく印象的で、この映画を観に来てよかったなと思わせてくれるものでした。

 今作、大筋に関係ない部分でいろんなものが詰まっているような気がしました。まず、ホウエン地方のポケモンが割合としては多く出ていたこと。マッスグマ・グラエナをはじめ、キノガッサにコノハナ、テッカニンにカゲボウズなどが出ていましたが、「ポケットモンスター・ブラック・ホワイト」でゲームクリア後にホウエン地方となんらかの関係があるところに行けるようになるとか、ホウエン地方単体でのリメイク作品が発売されるとかあるのかなと創造してわくわくしました。

 「ポケモンレンジャー光の軌跡」を意識した感じだったし、ポケモンバッカーは「ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー」で非常に面白かったポケスロンを意識したものかなと思ったり。

 タケシが一瞬ですがいつものお約束をスクリーンいっぱいでやったのは、これでタケシも最後の登場だからかもと感じました。私はタケシは名脇役として新シリーズのアニメでもサトシと一緒に冒険してほしいと心から願っていますが。ルパン三世で次元と五右衛門が登場しないなんてことがありえないように、サトシの隣にタケシがいないのはありえないんじゃないかという思いが強いです。

 「ゾロアーク」、映画館ならではの迫力はなかったけれど、ストーリーは非常に楽しめました。次回から、劇場版も新シリーズ「ポケットモンスターブラック・ホワイト」へと舞台が変わりますが、面白くなってくれるといいなと期待しています。




蛇足

 コーダイは力で視たビジョンで自分の髪型が気にならなかったのでしょうか。成功していくにはこの髪型でならなければならないのかと自分にツッコミを入れたくはならなかったのでしょうか。ショックを受けなかったんでしょうか。この部分をどうにも変えることが出来なかったように、コーダイは結局何も悪いことは出来なかったに違いないと私は思います。
スポンサーサイト
2010.09.17 Fri l アニメ l top ▲
 ポケットモンスターブラック・ホワイトの発売日が迫ってきました。私自身非常に楽しみだし、小学生ら小さな子供であれば、初めてポケモンと冒険することにわくわくし、いざ冒険を始めたら病み付きになるに違いありません。

 しかし、これまでの「ポケモン」シリーズをやってきた私はここ最近の株式会社ポケモン、大丈夫かなと思うことが2点あります。

 ひとつは、レアなポケモン配信について。今年のポケモン映画「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール幻影の覇者ゾロアーク」で、前売り券1枚につき、一匹のポケモンというところまでは従来どおりでしたが、エンテイ・ライコウ・スイクンという3匹のうちのどれかという条件がついていました。3匹ともほしい人は、前売り券3枚必要で、親と映画を観に行かない且つ一回観れば十分な人間にとっては、無駄な券が残るだけになります。映画館への来場者数は、興行の収益のデータを見るに、これまでと比べて芳(かんば)しくありません。それに、映画情報誌を読んで、上映期間が短くした映画館があるなあという感じがしました。株式会社ポケモンにとっては増益増収かもしれませんが、上映する映画館に対してはメリットあったのだろうかと訝(いぶか)しく思っています。

 本来、映画のおまけがポケモン配信であったり、来場者プレゼントであったりするところ、それが入れ替わり、映画はおまけ、ポケモン配信がメインとなり、もうすぐ発売のポケットモンスターブラック・ホワイトの販促となっています。そういった本末転倒は、今後のポケモンシリーズに悪影響を及ぼさないといいがと気がかりです。

 「ポケモンぴあ」の、特性の異なるフシギダネ・ゼニガメ・ヒトカゲのプレゼントも気になるところです。実物を手にとってみましたが、どうみても薄い本がおまけで、付録のピカチュウイヤホンとレアポケモンというプレゼントがメインです。しかもどのレアポケモンを入手できるかもゲーム発売日以降にならないと不明。この本を購入する人も、この本を作った人も不満ではないのだろうかと疑問に思えてなりません。漫画雑誌で付録がついても500円前後なのに、あの極めて薄い本が1200円。こういったぼったくり商売をしていると、ポケモン人気に陰りが生まれかねないのではないでしょうか。

 もうひとつは、ポケモンを最大限に楽しむことについて株式会社ポケモンがどのように考えているのかということ。ゲーム内でポケモンがいる世界を楽しむ。そこまではなんら問題ありません。ゲーム内だけ、もしくは一人でRPGとして楽しむ分には何の問題もないですが、私がポケモンシリーズで一番面白いと思う、3匹から6匹のチームを組んでの、人対人のポケモンバトルとなると、話は変わってきます。対戦は「互角の勝負」が面白いと私は思っていますが、どうもゲームのセーブデータを改造してバトルしている人間が横行しています。改造していると判別するのにも改造するための装置があるからというジレンマはありますが、ネットを徘徊していると、毎年株式会社ポケモンが開催しているポケモンバトルの祭典ワールドチャンピオンシップスの優勝者のほとんどが改造やプログラム解析により乱数調整したポケモンを使っているように伺えます。普通にポケモンを楽しんでいる人間は最初からやや不利なバトルにならざるを得ません。一人だけで遊ぶのにはセーブデータを改造しようが個人の自由だと思いますが、対戦相手にとっては迷惑以外の何者でもないです。

 ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーにはポケスロンという非常に面白いミニゲームがありました。それには、ポケモンの調子を整えるボンドリンクによってポケモンの力を最大限に発揮できるという仕組みがありましたが、ポケモンバトルでもこれが採用されないでしょうか。ポケモンは一匹一匹みんな個性があるというのが自分だけのパートナーという感じがしていいものですが、対戦に関しては、改造しても意味がないと思わせるために、攻撃力に重点を置くか防御に力を注ぐか以外の部分、ポケモンのパフォーマンスに関して互角であるシステムにしてほしいです。

 それから、改造しているかそうでないかをより厳密に見分ける方法を早く株式会社ポケモンが提案してくれることを希望しています。(たとえば、参加したトレーナーのポケモンをチェックして瓜二つのポケモンに遭遇したらそれは「疑いあり」だと判定できるようにすればいいと思うのですが。)

 PGL(ポケモングローバルリンク)というゲーム機ひとつで終わらない、子供にとって敷居が上がった部分、内容が豊富すぎて子供にとってはかえって途中で飽きてしまうんじゃないだろうかというゲームクリアまでの時間が長くなった部分、大人向けのCM、などなど大人に目を向けてきた感じのするポケモン。進む方向間違ってないといいけどという不安は些末(さまつ)なことであればいいのですが。このような楽しめなくさせる部分であったりするものが気になるところではあります。それでもポケットモンスターブラック・ホワイトで遊べる日が楽しみです。



蛇足

 ポケモンぴあの、特性がいつものものと違うカントー御三家ポケモン。これは本当に本を今買わない限り入手不可なのでしょうか。PGLでこれまでと異なる特性を持ったポケモンが入手できるらしいのですが、その中でこの3匹だけ今後も入手不可ということがあるのかなって思います。もしかしたら、ジョウト・ホウエン・シンオウ御三家もPGLでの入手は不可で、今回のような形でのみの配信なんてなったらいやでいやでしかたがありません。どのポケモンをもらえるかも受け取るまではっきりしないというように詳細をあらかじめ伝えず、今を逃したら入手できないと不安をあおって金を毟(むし)り取るという手法をとるなんて、株式会社ポケモンもあくどい商売をするようになったなと思います。

 基本的にゲーム内で手に入るポケモンのみがポケモンバトルで使えるポケモンでした。持っている人だけが有利になったりという、ポケモンバトルに不公平感が生じることはやめてほしいです。セーブデータの改造と同じくらいいやです。それに、ブラック・ホワイトでは手に入らないかもしれませんが、もし今後もシリーズが続くのであれば入手できるようになりそうなものですが。例として、ゲームキューブのポケモンXDでのみポケモンに覚えさせることが出来たわざもHGSSで覚えさせられたり、入手できたりしました。なので、ポケモンラビリンスでの特性の異なるイーブイの進化形も含め、いつか手に入ると私は予想しています。
2010.09.12 Sun l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。