上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今年のポケモン映画、「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド・パール「アルセウス 超克の時空へ」」を9月に入ってから観ました。

 昨年の「ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ」の時には、私が訪れた映画館のスクリーンがほかの映画館と比べてかなり大きく、音もパワフルだったこともあるのですが、ラストに差し掛かったところで大勢のポケモンが力を合わせたところなどなど感動的でした。で、今回の「アルセウス」はどうだったかというと、非常に楽しめたと言えるストーリーでした。

 「楽しめた」のは、コミカルなシーンが満載だったからです。タケシのお約束の展開とか、ロケット団の不運なところとか、ピカチュウとピチューとポッチャマの挨拶シーンとか、こうなるだろうと分かってはいても笑ってしまう場面が多かったように思います。

 話の展開は、どこかで見聞きしたことのあるものでしたが。伝説と現在のリンクは、よく見かけるもので、子供はこの映画をデフォルトとして脳裏に焼きつかせていくのかなと思ったりしながら鑑賞していました。

 少し疑問だったのが、映画タイトルにも入っている「超克」云々(うんぬん)です。ストーリーのハイライトで出てくるのかと思っていたら、「安売り」なほどに出てきたのには驚き、嘆き、萎(な)えました。別に「超克」云々を使わなくても良かったのではないでしょうか。

 最初からストーリーの終了まで面白かったのですが、映画の最後、エンディングテーマが流れてからがもしかしたらそれまでの110分ほどよりも面白かったです。なかでも、「シェイミ」で登場した敵であるゼロは今後なんだか危ない(?)いや応援したい趣味嗜好に走っていきそうだと思ったのは言うまでもありません。

 それから、ひとつ気になっていたのが、声優についてです。声優を本職としている人で無い人がただ映画の話題づくりのためだけに呼ぶのはいかがなものかと思ってしまいます。なぜなら、棒読みの声が不協和音になっていると「シェイミ」のときに思ったりしたからです。しかし、声優で無い美輪明宏さんの声は私の心のフィルターを壊してくれるものでした。迫力ありましたし、アニメに溶け込んでいました。私としては、それでもやはり職業:声優の人がアニメで声を担当してほしいと思っていますが、でも、話題づくりとして召集されたとしても、違和感のある演技をする芸能人ではなく、アニメと融合してくれる人であるならば構わないなと素直に思ってしまうほどに美輪さんの声はまさにこれこそアルセウス!と感じるものでした。

 昨年「シェイミ」を見た時も9月に入ってからで、私一人だけしか客がいないという「貸切」状態でうれしく思ったものですが、今年は10人はいなかったけれど、この時期にしてはかなり多い入場者数だったんじゃなかろうかと思いました。しかも、その大きなお友達たちは映画館で配信されるアルセウスだけが目当てではなく、きっちりと映画を最後まで観る人ばかりだったのには少々驚きました。私も含めてであることは言うまでもありませんが。

 今年の「アルセウス」も映画館で見れて良かったと思えるものでした。来年の夏もポケモン映画はあるそうなので、どんなポケモンが配信されるかも期待しつつ楽しみに待ちたいと思います。 



蛇足

 来場者への特典って、先着450万名であるはずなのに既に無かったのはどうしてでしょう?去年ももらえませんでしたが、8月31日までの限定ということなのでしょうか?さすがに450万人は観に来ていないと思うのですが。「※大きなお友達は除く」ということでしょうか?ポケモンバトリオもポケモンカードゲームも特にやることは無いので必要ないといえば必要ないのですが、もらえるのであればいただきたいとは思っていたのでちょっと残念に思いました。
スポンサーサイト
2009.10.04 Sun l アニメ l top ▲
 TYPE-MOONエースVOL.3は発売してた時にすぐに購入しました。付録にドラマCDがついているので、それをのちのち聴くのが主目的です。

 さて、本の中味ですが私が予想していたとおりでした。特別新しい情報は無い、と言った感じで。魔法使いの夜はきっと制作の進行が遅いんだろうなと思っていました。シナリオ担当の那須きのこさん曰く「自分の未熟さ」ゆえとのことですが、そうではなく、多方面にメディア展開して多忙になったからだと私は推測しています。映画、ゲーム、アニメ・・・と「まほよ」に取り掛かる暇が無かったんじゃないでしょうか。

 「魔法使いの夜」のキャラクターデザインが武内崇さんでなくなったことに衝撃を受けているのは相も変わらずです。少し不安を感じたのは、イラストの精緻(せいち)さが格段にパワーアップしていることです。武内さんのアニメ風のイラストと、まほよのキャラクターデザインを手掛けるこやまひろかずさんの、CGの背景に似合いそうな精細なイラストの相違に私は戸惑っているんです。250ページにTYPE-MOONオールアラウンドフェア'09SUMMERの広告が掲載されていますが、そこに描かれている7人のキャラクター(6人と1匹?)のなかで、私には蒼崎青子だけが浮いているように映ります。ほかにも、12ページと44ページの青子では性格が違うように見えます。でも、おそらくこれは一枚一枚のイラストだからであって、これがアニメーションとなると、また違った雰囲気になるのかなと思うのでそういうデモなどを早く観てみたいです。

 更なることに、まほよで登場する場所のひとつであろう「久遠時屋敷」のイラスト3点見ただけでも、ここまで細かく表現する必要があるのかと感じました。そんなにまでしなければならないんでしょうか?リアルじゃなければだめなんですか?写実的というか、そこまでするなら、いっそのことイラストやめて、428のように実際に撮影したほうが良いのではと思ってしまいます。FF13でもそうですが、そこまでCGに金をかける必要があるのか私にはよく分かりません。リアルじゃないからこその良さがフィクションには、イラストレーションにはあると私は考えています。テイルズでもアニメムービーエディションとCGムービーエディションの売れ行きは後者の売れ残りを店頭で目撃もしましたし。24ページにある「CGのクオリティコントロール」云々(うんぬん)に力を注ぐのは私には疑問に思えました。

 何にせよ、「魔法使いの夜」が面白ければ全て問題無しなのですけれども。ゲームをプレイして初めて面白いかどうか分かるわけで、現段階では、まほよが面白くあってほしいという思いが強くなるばかりです。

 ほかの総力特集も80ページ以上あるわけですが、どこにこれまでには無い新しい情報が含まれているのか探すのは疲れそうだと感じる内容でした。

 約130ページある漫画の中では、西脇だっとさんの描く番外編のネタが面白かったです。確かに夢が詰まっています。私も作りたくなりました。

 新しいゲームが出るまでは私にとっては別段新しい事柄は何にも無いなとこの雑誌を買って読み終えた時に思いました。コミケ76でも今回TYPE-MOONのアイテムを並んでまで手に入れたいと思わなかったのも「新しい何か」を私には発見できなかったからなのかもしれません。今過度に期待することはせず、のんびりと次回作を待つことにします。
2009.10.03 Sat l ゲーム l top ▲
 お台場でガンダムを見たその帰り、少しフジテレビのお台場合衆国などを散策した後、再び国際展示場まで歩いて、それから電車に乗って帰宅することにしました。近くの駅から電車に乗れば良いじゃないかといえばそれまでですが、コミケが終わった後の東京ビッグサイト付近ってどんな感じなのかなとふと思ったのです。人はどのくらい残っていたりするんだろうか気になったりしたので。ということで、ここまで来た道を見つけ歩(ほ)を進めました。

 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の会場を出るころには少し疲れてきたかなと感じていました。しかし、私は国際展示場まで戻ろうと思ってよかったと思う瞬間が、その道すがらにありました。それは、夢の大橋にたどり着き、その光景が目に入った瞬間でした。空が紫がかり、人気(ひとけ)がほとんど無く、大きな橋とそのまま続く幅も非常に広い一本の白い道。この景色を見た時、ふと頭を過(よ)ぎったのです。

英雄伝説6空の軌跡SCの終章の世界

が、です。橋から国際展示場の付近までを一望した瞬間、もし現実に高度文明がたとえばSC終章のようにかくかくしかじかであったなら、こんな寂寥(せきりょう)を同じように感じるのだろうかと思いながら暫(しば)しの間、呆然と立ち尽くしてしまいました。

 夏コミで収穫が少なかったことそして実物大ガンダムを見に行ったことという二つの事柄が重なったからこそ出会えたこの光景。ちょっとしたいい思い出となりました。
2009.10.02 Fri l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。