上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ドラゴンクエスト9、発売前の予約だけで200万本を超えましたが、出たらなんと

・ダンジョンの仕掛けを大幅にカット
・マルチプレイの仕様もWi-fiを使わずワイヤレスのみと変更した際の名残が残っている
・カジノも入れる予定だったが中止、その痕跡が残っている

などの噂が流れる始末。未完成のまま発売に踏み切ったような感じを受けています。既に中古が大量に出回っている始末です。ドラクエとしてはかつて無かった失態ではないでしょうか。

 私はドラクエシリーズが大好きでした。ロトシリーズなんて何回繰り返しプレイしたのかわかりません。ロンダルキアの洞窟はとてつもなく長かったし、転職システムにわくわくしました。私の中にいまだに音楽とともに思い出が詰まっています。

 一番衝撃を受けたのがドラクエ4第2章。それまでのゲームで体験したことが無いことがありました。考えてもいませんでした。怖かったです。とても怖かったです。何がおきたのか最初分からなかったです。今まであることが普通かつドラクエの特徴でもあったものが無くなったことで、思考が一時停止しました。ゲームでこれほど恐怖で鳥肌が立ったことは今日まで他に記憶がありません。

 ドラクエ5は内容に関して言えば花嫁選び、キラーパンサーの名前くらいしか覚えていませんがインパクトありました。音楽はドラクエ5に好きなものが多いです。ドラクエ6は切ない雰囲気が良く、ストーリーも一番好きでした。テリー、ミレーユなどキャラクターもすばらしかったです。ドラクエ7は職業がいっぱいあったのが面白くて長い時間遊びました(途中までしかプレイしていませんが。)。

 ドラクエ8はプレイしていません。3Dやらテンションやら、なんかドラクエが違う方向に行ってしまったような感じがして。今回のことで少しやってみたくはなりましたが。

 小説も読みました。精霊ルビス伝説、ドラクエ3、ドラクエ4、ドラクエ6。何度も本棚に手を伸ばして読みふけっていました。ドラクエの漫画も多く読みました。ロトの紋章、ダイの大冒険、4コマ。特に柴田亜美さんのドラクエ4コマは最高に面白かったです。

 ドラクエは私の人生に彩りを与えてくれたことは確かです。そんなドラクエの不評がこれほどネット上に出回るようになるなんて思いもしませんでした。諸行無常の一節を思い浮かべたことは言うまでもありません。

 しかし、今回のドラクエが失敗であったことは私にとって良いことかもしれないと思っています。なぜなら、携帯ゲーム機に多くのメーカーが注力しようとしてきていたのを少し踏みとどまってくれたりしたとしたなら嬉しいからです。

 携帯ゲーム機に目を向けて欲しくないなと思っているメーカーがあります。ファルコムです。イースI&IIクロニクルズは構いません。リメイクだからです。これまでの英雄伝説シリーズやぐるみん、ツヴァイもリメイクだから構いません。ですが、新作はPCで出して欲しいと非常に強く想っています。新作イース7がPSPで発売予定です。すごく不安です。どうしてPSPを選んでしまったのか。残念でなりません。私はそれでも購入してプレイしてしまうかもしれませんが、ドラクエ9のようなことになっていなければいいなと願うばかりです。

 もっと不安なのが、英雄伝説7についてです。もしPCで出ないとしたら私はひたすら悲しむこととなるでしょう。日本のゲーム業界もうだめなのかな、そんなまったくお門違いなことすら想ってしまうでしょう。

 私は、現在ソフトメーカーがゲーム機にこだわる理由が分かりません。もちろん、いつでもどこでもできる携帯ゲーム機に魅力はいっぱいあります。しかし、据置機に関しては既にPCのほうがゲーム機と比べ物にならないほど普及していますし、スペック的にも十二分にあります。特に容量に余裕があるのはとても大きいです、HDDやメモリ、グラフィックメモリに関して。特にHDDの容量はドライブひとつで現在1TBもあり、容量不足に陥ることはありません。他にも、ゲーム機本体を販売しているメーカーにライセンス料を払わなくて良いだろうし、メリットが大きそうに私には見えるんですが、そこのところどうなんでしょうか。気になります。

 携帯ゲーム機に適したゲームはあります、たとえばポケモンのように。これはポケモンだからこそと思えるくらい適しています。もうすぐ映画館でアルセウスの配信がありますし、ポケモンは携帯機の特性を生かした面白い作品だと思います。他にもテトリスのようにパズルゲームはいつでもどこでもできる携帯機で楽しみたいですし。

 でも、RPGは別に手軽にいつでもどこでも楽しむのではなく、家でじっくりプレイしてどっぷりとその世界にはまりたいと私は思います。

 売れることって非常に大事です。資金があるからこそゲーム制作に更なるエネルギーを注げるわけですから。でも、今回のドラクエ9のようにゲームの面白さよりも売ることのほうばかりに目を向けるとこうなるのかなと考えてしまいました。

 金のかけ方も問題ですが。グラフィックがきれいなのは決して悪いことではありません。イース6はスタートから感動しっぱなしでしたし。でも、金をかけすぎてもそれほど効果は無いと思っています。きれいなグラフィックを目当てにゲームを買うわけではありません。面白いゲームがやりたくて買うわけです。

 ドラクエの失敗などから教訓を得て、ファルコムが再びPC向けのゲーム開発に目を向けてくれると良いなと思っています。そして、PC向けのゲームはこんなに面白いんだと世の中にアピールして欲しいです。他のソフトメーカーがゲーム機よりPCで出したほうが良いかも、とゲーム業界の構造に変革が起きるくらいのゲームをファルコムに作ってもらいたいです。その先駆けとして英雄伝説7がPC向けで発売されることを切に望みます。



追記

 ファルコムについて気になるのがゲームソフトの発売時期の選択。どうして、ドラクエやポケモンとぶつけようとするのか。ドラクエ9の延期は仕方ないとしても。他のメーカーの動向に関する情報が不足してたのでしょうか?ファルコムの発売戦略に私は少し疑問を覚えています。

 もうひとつ気になるのが、イース1・2のリメイクについて。フェルガナのように「深化」したリメイクにどうしてしないのか不思議です。どうしてそれまでのものの使い回しだけで済ませてしまうのでしょうか。じゃあ逆に、なぜフェルガナだけ「深化」させたのかが不思議でならないです。1・2・4・5の「深化」した姿をPCで拝見できる日が来て欲しいです。
スポンサーサイト
2009.07.18 Sat l ゲーム l top ▲
 ヤングガンガン 2009No.14、まずは、簡単な感想から。

天体戦士サンレッド 悪の組織がヒーローに助けを呼ぶ、この状況が面白いです
カノジョは官能小説家 演技じゃないことを期待
うらさい 護る対象にこのプレイはひどいw
TOKYO BARDO バルドって時々見かけますが、こんな意味だったんですね
ニコイチ 作者の好きなキャラということでしょうか?
WORKING!! 伸びずとも頑張れ!
黒神 右もいる?最後のページのシチュエーションになんだかデジャヴを感じました
神話ポンチ 狩りって何したの?
ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ~ 踊る修行って流行しているんでしょうか?
BAMBOO BLADE 榊ウラ、壊れちゃうんじゃないか?
マンガ家さんとアシスタントさんと 愛徒に大賛成です
DARKER THAN BLACK 課長のこの髪型も素敵です
はなまる幼稚園 いい天丼でした
柚子ペパーミント きっと口だけw
鬼燈の島 最後まできっちりと描かれた作品になって良かったです
んぐるわ会報 松戸へのこの仕打ちはあまりにひどいです
同棲レシピ 剛士が消えた理由が分かったが、鈴音の父が絡んでくるのかどうか期待
FRONT MISSION ワンってw STYLE:6はこれまでと違う展開ならより楽しみです
荒川アンダーザブリッジ マリアより強いキャラがいたのは意外でした
フダンシズム 今年の夏コミにてんてる等(ら)のコスプレする人いないでしょうか
死がふたりを分かつまで 今回の護、いつもより優しい
ユーベルブラット すばらしい戦いでした。イクフェスの心に光が満ちて良かった。

 しばらく感想をブログ記事にしていませんでしたが、今号も楽しめました。

 鬼燈の島-ホオズキノシマ-の作者三部けいさん曰く「描ききれた」ようで、そんな作品を読むことができて本当に良かったです。ヤングガンガンだけではないですが、結局中途半端な形で幕を閉じてしまう作品が多いです。そんな中、鬼燈の島を最後まで読めたことに非常に満足しています。他の作品ももちろん最終的には最終回を迎えるわけですが、最後まできっちり描き切ったと漫画家が満足でき、読者も満足できる、そんな作品となって欲しいと願っています。

 鬼燈の島の最終回「ホオズキノ島」、いくつか気になった点があります。

・なぜ桑館(クワダテ)はここに赴任できたのか。雪乃先生もですが。
・文字の部屋、どのようにしてそれが正しい順番と分かるのか。
・園長の言葉が不可解。これは普通に事故だと思うのですが。
・「そうかな」と言った時のシュウの笑み。
・最後の最後で「ホオズキ」の説明。どうしてここで?

考えすぎなのかもしれないと思うのですが、私にとってはその辺りが「ホラー」でした。ずっと続くトントンという船の音もちょっと怖いです。最後に、夢ちゃんのこれまでに無かったこんなにいい笑顔が見れたのは良かったです。三部けいさんの他の作品も読んだことはあります(読んだことはあったが正しいようで、月刊少年エースで読んだことがあったことに最近気づきました。)が、今冬開始予定の次回作は鬼燈の島と同じタッチの絵だと幸いです。それから、オリジナル作品が読みたいです。イラストレーターとしてではなく漫画家としての作品が読みたいです。三部けいさんの次回作、楽しみに待ちたいと思います。

 TVアニメ「天体戦士サンレッド」第2期も非常に楽しみです。最初から全部読んでいるわけで、どんなギャグかも既に知っていて、雑誌で読んだときの抱腹絶倒は味わえないだろうなと思っていました。しかし、それでも第1期のアニメは面白くて笑ってしまったので、第2期も期待大です。それから、かよ子さんの浴衣姿が拝見できて満足でした。あと、ウサコッツかわいいです。

 咲-Saki-、大丈夫でしょうか。アニメが始まってから休載が多くなっているようで、「瀬戸の花嫁」を思い浮かべてしまいます。瀬戸の花嫁もアニメが始まるまで休載は無かったような気がします。アニメ化は漫画家にとってとてつもなくプレッシャーがかかるものなのでしょうか。もしそのプレッシャーがあって描けないのだとしたら、私は休載がいくら続いてもかまわないです、最終的に描ききってくれれば全然問題ないと思ってます。そうは言っても、瀬戸の花嫁はもうそろそろ再開して欲しいと切望していますが。

 グラビアは無ければ良いなというのは今でも感じています。たとえば週刊プレイボーイとかであれば、記事を読むよりもグラビアを目当てでって思うのですが、ヤングガンガンに関しては、第一に漫画が目的なわけなので。それ以上に買う理由が私には見つかりません。漫画は今現在はすべて読んでいて、目を通さないのはグラビアぐらいですし、この分を差し引いて、300円にまた戻して欲しいものです。グラビアのところで、「好評につき再登場」とありますが、どれくらい好評なのか、毎号はがきでアンケートをとっていますが、その結果を雑誌なりホームページ上なりで発表して欲しいです。グラビアがヤングガンガンの漫画を支える屋台骨となっているのか否か知りたいです。

 今になってどうして320円に値上げしてきているのかもよく分かりません。もう原油価格は落ち着いてきているし、それでもなお値上げしたり、原油高から値上げしたものを値を下げずにやっているのは、ずる賢いというか、便乗値上げというか、何だか納得いかないものがあります。原稿料がアップしたからというのであれば問題ないのですが、気になります。「特別定価」という表記も「定価」にして欲しいものです。

 いかがわしい広告が最近無くなったことは嬉しいです。これからもそうであって欲しいです。

 ですが、背表紙の広告には驚きましたwww。普通にCDの広告だけれどもw。広告内容にはこれを見たからといって食指が動くことは特に無いですが、これは相当強烈なインパクトでしたw

 久々に雑誌の感想を記事にしました。「鬼燈の島」の感想を残しておきたかったので。記事を書く時間の削減のため記事の装飾を省いています。ヤングガンガンは以前に比べて、多くの店で取り扱うようになって、買いやすくなりました。この調子で部数が伸びていって欲しいです。次号も楽しみです。
2009.07.17 Fri l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。