上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 私が今熱中しているゲームは、発売してから随分経過しているポケットモンスタープラチナです。ストーリークリア後しばらく放置していたのですが、再開してみればこれまでよりもさらにハマっている自分がいました。対戦形式のポケモンバトルが楽しくて仕方がありません。

 このゲーム、ストーリークリアではまだ道半ばです。クリア後が面白い。バトルフロンティアでのポケモンバトルが。伝説ポケモンであるシェイミをゲットするためのアイテム、「オーキドのてがみ」がふしぎなおくりもので配信された頃からでしょうか、それまでやっていなかったバトルフロンティアの攻略にチャレンジしてみたんですが、ゲームクリアまでに使用したポケモンでは、なかなか勝ち進めないものですね。まず、フロンティアブレーンの所まで辿り着けませんでした。そして、バトルタワーのタワータイクーン1回目にようやく辿り着いた!と思ったのも束の間、あっさりやられました。その時、私の心に火がつきました。このまま終わらせたくはないと。

 で、辞典並みに分厚い攻略本を購入し、パーティ、技、そしてどの能力をアップさせるかなどを考えていった結果、だんだん勝てるようになりました。そして現在、ようやくバトルフロンティアにある5つの施設のシルバーの記念プリントをもらえるところまで到達。挑戦し始めた時には、「こんなの勝てるか!」と思ったものですが、何とかなるものです。

 それにしても、ポケモンバトルは10ターンかそこらで終わってしまう程の短期決戦であるにもかかわらず奥が深いです。ポケモンを子供だけのものにしておくにはあまりにもったいないなとつくづく感じてしまいます。シリーズ初期から登場しているポケモンも含めた500に近い種類のポケモン(これは非常に嬉しい。)、どれくらいあるのか数えてみないと分からないほどの膨大な数の技の中から選んで、パーティーを構築するのですが、もちろん「対戦」なので、相手がどんなパーティーを構築してくるのかも考慮に入れる必要があります。どういう戦略を対戦前に立てておくか、バトル中の読み合い、これらがまた面白いです。

 2009年5月24日放送のポケモンサンデーの中で3×2人 vs.3×2人のバトルをやっていました。2人のポケサンメンバーと2人の挑戦者のパーティは、

ポケサンメンバー1:ゲンガー、オーダイル、カイリュー
ポケサンメンバー2:サンダー、ラティオス、メタグロス

挑戦者1:マニューラ、ゲンガー、ガブリアス
挑戦者2:ムウマ、ゲンガー、ミロカロス

(各々のポケモンは登場順)

という構成で、挑戦者側が勝利していました。

 この勝負を見て、「ああ、私はこんなにもポケモンにハマって入るんだな。」と改めて認識しました。挑戦者2の最初のポケモン、ムウマが1ターン目でどんな技を出してくるのかという所から予想が頭の中を駆け巡っていきます。なぜムウマの進化形であるムウマージではなくムウマを出してきたのか、ムウマがどの能力をアップさせたのかもしくは何の道具を持っているのか、なぜ挑戦者2がゴーストタイプのポケモンを2匹も入れているのか、ドータクンがどの技を入れていないのか、挑戦者1のガブリアスがポケサン側のカイリューとラティオスのどちらを攻撃するのかなどです。大体予想通りでしたが、気づかなかった所もあったりで、まだまだポケモン道を極めるのは先が長そうだ、とも思いました。

 プラチナの次は、ポケットモンスター金・銀のリメイク、ハートゴールド・ソウルシルバーが発売されます。海外にもたくさんのプレーヤーがいるし、今後もまだまだ楽しめそうです。


 蛇足ですが、ハートゴールドとソウルシルバーのクリア後の施設はまたバトルタワーだけというような出し惜しみした仕様になるのでしょうか。クリスタルのリメイク発売までバトルフロンティア並みの施設はお預けなんてことが無ければいいなと思っています。2009年5月24日放送のポケモンサンデーのギザみみピチューに関するシーンを見る限りでは、ダイヤモンド・パール・プラチナとの通信交換は可能なように見えるので、クリア後の内容が特に気になっています。
スポンサーサイト
2009.06.03 Wed l ゲーム l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。