上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 新條まゆさんのまゆたんブログの2008年6月8日の記事「思うこと。

を読みました。週刊少年サンデーで「金色のガッシュ!!」を連載していた雷句誠さんの、

「雷句誠の今日このごろ。」の2008年6月6日の「(株)小学館を提訴。」

に関して、新條さんが心の内に思ったことを書いたのでしょう。今回は、その新條さんの記事を読んだ私の感想です。

 「思うこと。」を読んで私は、

企業というものは人間を奴隷と考えているのだろうか

と訝(いぶか)しく思いました。未だに人権、尊厳を全く無視した人間、人を人として見ない人間が数多(あまた)存在するのか、と。

 ドラマ「Change」第5話「総理休日の大事件」で木村拓哉が演じる朝倉啓太総理が「人は一人一人違いがあるけれど、だからこそ粘り強く話し合うことが大事だ。」といった主旨の発言をしていました。しかし、新條まゆさんの経験のように、一方が人を「金のなる木」としか見ていない場合、たとえ同じ言葉を話す同士だとしても意思疎通は難しいでしょう。自分の要求だけが存在し相手の要求は無いものと考える、これが「人間らしい」のだとしたら私は悲しいです。

  「愛情と信頼」があるからこそ社会は成り立っていると思いたいです。福沢諭吉の著書「学問のすゝめ(すすめ)」にあるように「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」(この一文はアメリカ合衆国の独立宣言から引用したもの)であると思いたいです。今回の編集者と漫画家、そして大企業と下請け企業、上司と部下、先輩と後輩といった関係においてもちろん対になる対象は同一ではありません。それでも「対等」に権利を持った存在であるはずです。

 「人と人」について考えさせられた記事でした。
スポンサーサイト
2008.06.11 Wed l 雑記 l top ▲
 CMで「僕の彼女はサイボーグ」というタイトルを耳にして、

これなんて「最終兵器彼女」?

というのが第一感でした。原作が高橋しんさんの「最終兵器彼女」という事なのかと思って、ネットで検索。すると、

韓国の作品のようです。とすると、連想するのは、

 「冬のソナタ」など「韓流」が日本のエロゲのパクリだったように日本の作品のパクリではないのか

、ということ。で、どんなストーリーなのかというのをウィキペディアの「僕の彼女はサイボーグ」の項目で読んだ時の感想は、

これなんて「ドラえもん」?

でした。主人公は「野比のび太」か?とwww。

 「僕の彼女はサイボーグ」が「最終兵器彼女」や「ドラえもん」などからインスピレーションを受けたのかどうかという興味の下(もと)、もし地上波で放送されたならこの映画を観てみたいです。

 もちろん「僕の彼女はサイボーグ」が私の想定外のストーリーで、かつ面白ければいいなと思っているのは言うまでもありません。
2008.06.07 Sat l マンガ l top ▲
 「Vantage Master Portable(ヴァンテージマスターポータブル)」が発売されて、1ヶ月以上が経ちました。このゲームが面白い事はPCゲームの「Vantage Master」を全てのマスターでクリアしたほどプレイしたくらいなので十二分に分かっているのですが、購入を踏み止まっています。その理由は、

1.「英雄伝説6 空の軌跡」のキャラクターが新しく追加されたが、そのシナリオモードでのストーリーがどのくらい面白いのかがはっきりしない。

2.対戦マップがPC版と全く同じなのか、それとも新マップが追加されているのかはっきりしない。

3.アドホックモード(DSでいうワイヤレス通信。すぐ近くの人とケーブル無しで通信できる。)では対人戦が可能らしいが、ネットで対戦できるのか、そして、常時対戦できるほどプレイ人数が存在するのかはっきりしない。


の3点です。

 1.は「空の軌跡」のどのキャラも魅力あるキャラクターだったのでそのミニエピソードを味わいたいとは思うのですが、それだけで購入したいかとなると決め手に欠けます。

 2.これ重要。MAPが同じならもう十分堪能したので、また同じものを買っても・・・と思ってしまいます。PC版とPSP版の差異が公式では全く発表されていないようです。

 3.ですが、DSのwi-fiのように気軽に世界中のプレイヤーと対戦ができるというのであればいいのですが、そういうわけでは無さそう。そして、オンライン対戦可能だとしても、その接続までのステップが多くなればなるほど、オンラインで対戦できる人数は減っていきます。たとえば、Yahoo!ゲームでのチェスのように探せばいくらでも対戦相手がいるという状態は望めない。たとえば、このソフトが1万本売れたとして、オンラインで常時どのくらい対戦を待ち望むプレイヤーが存在するのかが不明。世界中にプレイヤーが数千万なのか数億なのかは知りませんが、チェスプレイヤーのようにべらぼうに人数が多い中、ネットでの対戦を楽しむプレイヤーは数千人単位。これくらいいればずっと楽しめます。では、ヴァンテージマスターではどうかといえば、チェスと同じ比率で考えるとほとんどいない事になります。数十人いたら御の字のような気がします。さらには、チェスのようなボードゲームと違って廃(すた)れる速度は速いです。すぐに対戦相手がいなくなってしまいます。たとえば、ジャンルは違うのですが、wi-fiで気軽に対戦できた「真・らき☆すた 萌えドリル∼旅立ち∼」はもう全く対戦相手がいない状態ですし。

 なので、迷っています。そこで、その思いを紛らわすべく、「VMJapan」+「VM JAPAN パワーアップキット~富嶽幻遊記~」をプレイしたりしています。本当であれば、購入して感想でも書ければとも思うのですが、まだ様子見しています。もう少しネット上に情報が出てきてから再考しようと思います。
2008.06.06 Fri l ゲーム l top ▲
 5月は1日につきひとつ以上の記事を書いたという、自分でもよくこんなに書いたなと思うほどです。ブログという形で公開しているわけで、私が綴ったものが読んでくれている人にほんの少しでも心に何らかの変化-同意、反論など-をもたらしたのであれば、是幸いです。

 アクセス解析の5月分を少し調べてみました。どんな記事を見ているのかおおよそですが、ダントツで多かったのが、

音楽感想 MilkyWay 「アナタボシ」 (2008.05.07)

です。「東方」風だと感じたのはが私だけではなかったということでしょうか。私は邦楽においていくら新曲であれ「新しさ」を感じることが最近ほとんど無いです。どこか「聴いた事のある」感じがするのです。新しさが含まれているのかもしれませんが、それが打ち消されるほど「既存のもの」という感じが上書きされてしまい、新しさが響いてきません。日本は異質を嫌うというか変化を嫌うというか、どうも保守的なのです。(もちろん新しいものを生み出すパワーもあるのですが。)だから新しいものが出てこないのかなと考えています。最近は、

Hey! Say! JUMPの「Dreams come true」(2008年5月21日発売)のサビがチェッカーズの「夜明けのブレス」のサビとMY LITTLE LOVERの「Hello, Again~昔からある場所~」のサビを合わせたものに聴こえるのですが私だけでしょうか?

 その次にアクセスが多かったのは、

学園アリス ・マンガ感想 学園アリス 第96回 (2008.05.02)
        ・マンガ感想 学園アリス 第97回 (2008.05.21)
鬼燈の島 ・マンガ感想 鬼燈の島―ホオズキノシマ―  第八話「開ケテチョウダイ」 (2008.05.16)

です。「学園アリス」はクライマックスに差し掛かっているからだと思います。「鬼燈の島」はコミックス第1巻が発売されたからでしょう。

他には、

しゃにむにGO ・マンガ感想 しゃにむにGO 第176回 (2008.05.04)
          ・マンガ感想 しゃにむにGO 第177回 (2008.05.24)

に海外からもアクセスがあることに驚いています。

 ひとまず書いた記事はどれもアクセスがあるようで嬉しいです。今月も気ままにマイペースで感じたこと、思ったことやらを綴っていこうと思います。
2008.06.04 Wed l 雑記 l top ▲
 数(あまた)はのぞみんに恋をして、ディープな世界に堕ちていってますが、松本部長も同じ道を歩んでいく事になるんでしょうか。松本部長のツンデレっぷりは傍(はた)から見ていて面白いです。

 コスプレでアマネが男装すればばれにくくなると思っているようですが、男が女装しているから気づかれなくなっているというのに、男装したら逆にばれやすくなるんじゃないのかと思うのは私だけでしょうか。花ざかりの君たちへ」で芦屋瑞稀が女装した時ばれませんでした。この場合はそもそも女として周りと接した機会は一切ありませんでした。しかし、数の場合は普段学校で男として接しているわけできっとばれたに違いありません。

 乙女ロードの次はコスプレでしょうか。次回から2回続けて休載ですが、私のよく知らない世界がまだまだ展開されていくようで楽しみです。
2008.06.02 Mon l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。