上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ヤングガンガン 2008No.09、まずは、簡単な感想から。

ジン~アニメ精霊の守り人外伝~ 単純極まりない事実、私も肝に銘じようと思います
VARI DRIVE キャラクターがどことなくダイサイズとかぶってる?
黒神 またいい感じの巨乳が出てきました
WORKING!! 男が現れるとは予想外でした
カノジョは官能小説家 作家の事は知らないほうが良いと3冊の画(え)を見て思いました
フダンシズム まさに可愛いは正義!
すもももももも 以前にも同じような事があったけど、半蔵にがっかりです
ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ~ 心に傷を持つ勇者ってドラクエでは非常に新しい
BAMBOO BLADE ミヤミヤの心の叫び、よく分かります
ハーメルン~シェルクンチク~ グスタフに笑いました
セキレイ うずめって甘い気がする
咲-Saki- 踊る東横桃子がかわいい
荒川アンダーザブリッジ 村長いいこと言った!名言!
死がふたりを分かつまで ジュリエットが何を思っているのか気になります
鬼燈の島 ばっ、わっ、はっ、という偶然の展開がいい
うめぼし 私もそこまでが「茶の湯」だというイメージがありました
FRONT MISSION キノの雰囲気が一変してさらに面白くなってきました
ユーベルブラット エルサリアの信条Good!
ダイサイズ これから始まりでここから面白くなるはず。残念です
ニコイチ 智(さとる)、お前はそれで済ませてしまっていいのか?
JACKALS 天使と悪魔、まさに予想通りでした
マンガ家さんとアシスタントさんと 「ボイーン」に対する沙穂都とみはりの反応がいい

 今号は、「天体戦士サンレッド」の休載により私にとってはボリューム不足を感じました。しかし、ヤングガンガンは全てのマンガを読んでいる数少ないマンガ雑誌。今回も十分満足です。

 今号で気になった事。それは、

TVアニメ「セキレイ」のPV(プロモーションビデオ)を収録したDVDがヤングガンガン2008No.11に付録としてついてくる

ことです。待ってました、こういう付録が登場するのを!グラビアDVDが付録になったことはありました、マンガ雑誌なのに。グラビア雑誌でも創刊してそちらでやれば良いのに。しかしとうとうアニメDVDが付録に!こういうのを待ち望んでいました。同様の企画を今後も期待しています。ネット配信が予定されている「セキレイらじお」(詳細はまだ分かりません。)などのネットラジオの出張版といったものもあってほしいです。

 気になった事2つ目。

 次号から連載スタートする「Let's BIBLE」の原作・作画が韓国発ということ。別に日本人のマンガでなければ面白くないというのではありません。韓国人タッグの「黒神」はヤングガンガンで次にアニメ化するとしたらこれかもと思うくらい面白いですし。

 では、何が気になるのか。それはヤングガンガン雑誌そのものの経営です。ヤングガンガンはこんなにも面白いのに、まだまだ売上部数が少ないのではと感じています。相変わらずいかがわしい広告を載せていますし。第一、近くの書店、コンビにでも最近ようやく入手しやすくなってきたと感じるほどなので。

 韓国人の作家、漫画家を採用するのは原稿代を安く抑えられるからという理由なのだとしたら、いつまでヤングガンガンが雑誌として存続していられるのか不安になってしまうということです。アニメ制作に関して言えば、すでに空洞化が進んでいます。日本の技術力の流出、低下が著しく、数十年で培(つちか)ってきた日本の文化ジャパニメーションがあと数十年もしたら世界で広まったとしても国内では影も形もなくなってしまうのではないかとふと思うことがあります。今回のヤングガンガンの韓国人タッグ攻勢はマンガ業界でのそのさきがけになっているのではないかと思うのです。週刊コミックバンチにも月刊ガンガンにも韓国発のマンガが連載された事がありました。これらは根付きませんでしたが、「黒神」は十分成功していると思います。私も毎回楽しんでいます。しかし、もし原稿料が安いからという理由で韓国の漫画家を起用しているというのであれば、ヤングガンガンの今後が不安です。

 それから、海外の漫画家を発掘するのであれば、韓国だけでなく、中国、台湾などの漫画家の作品も読んでみたいです。欧米の漫画もどうなのか気になってはいます。あくまで、アメコミタッチではなく和風を求めてはいますが。世界中の漫画家から発掘して欲しいです。

 今回改めて、今のところほとんどの連載を読んでいるヤングガンガンが今後も面白くあって欲しいし、存続して欲しいと思いました。

 次号は「BAMBOO BLADE」、「マンガ家さんとアシスタントさんと」、「黒神」が休載と、かなりボリュームダウンを感じますが、「天体戦士サンレッド」が再開。楽しみです。
スポンサーサイト
2008.04.26 Sat l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。