上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ヤングガンガン 2008No.07(http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/)、まずは、簡単な感想から。

BAMBOO BLADE ミヤミヤの隣のネコがいい感じ
フダンシズム 資料だからってやりすぎです
すもももももも 半蔵のダイブ笑えました
死がふたりを分かつまで 日常と非日常の交錯、Killers編、いい話でした
セキレイ 皆人を慰めるくーちゃんがかわいい
黒神 茜さん狙われているのに無防備すぎ!
カノジョは官能小説家 春澤と椎名をどうしても凝視できません
激流血 どうしても「ホーリーランド」を思い起こさせます
FRONT MISSION 次回何があるのか楽しみ
鬼燈の島 今回の結果は分かっていたけど、ここからどうなるのだろう
WORKING!! これは凛ですか? 
CUT or ALIVE 文字まで反転してるのに驚き
はなまる幼稚園 予想通りの展開でしたがあったかでした
JACKALS ベルセルクのガッツの大剣にそっくり
ダイサイズ 連載4回目なのにストーリーが全く無いのには驚き
探偵になるための893の方法 希美さんが多く登場してて嬉しい
ユーベルブラット グレンの食材の気持ちは天晴れだけど・・・
マンガ家さんとアシスタントさんと 足須さんの最後の言葉心に突き刺さってきます
ニコイチ 人間色々と背負ってるんですね
天体戦士サンレッド 「ヴァンプの盾」、爆笑。盾のこんな使用法は想定外でした
キズナ 最後の最後がよく分かりませんでした。第2部があれば分かるのかも。
モノノ怪 次回の話は読んでみたい。気になります。

特別付録DVD アイドルが誰であろうと関係なく、グラビア雑誌を創刊してそちらでやってください

 今週は丸々楽しめました。その中で良かったのが、「天体戦士サンレッド」のおまけマンガ「ヴァンプの盾」です。ゆるい話も大好きですが、やっぱりこういう爆笑できる話は最高にイイです。ヴァンプレッドが話の中心だと面白いですね。いつか戦隊シリーズとして特撮でやって欲しいものです。もしくは特撮の前後の枠でアニメというのもいいですね。子供の価値観が180度変わるに違いありません。観てみたいです。本編も面白かったし、今回良かったです。

 それから、「死がふたりを分かつまで」の「Killers編」、終わりらしい終わり方でした。余韻が残る感じが好きです。周りが不安な目で見るほどに護が甘党という設定も面白いし、次回以降さらに面白くなって欲しいです。

 「フダンシズム」はだんだんと腐の世界が濃くなってきました。数(あまた)、慣れちゃダメだろう!「姐さん講座」のたまたんの最後の言葉は恐ろしいです。本編、講座とも目が放せません。

 「鬼燈(ほおずき)の島」は、あまりホラーもののマンガを読まない私を毎回魅了してくれます。女体(にょたい)に惹かれるというのもありますが、登場人物一人一人の個性、島という設定などどれも好きです。どんどん犠牲者が出て、残りの人数が少なくなってきました。最後どうなるのか気になって仕方がありません。!

 次号も楽しみです。
スポンサーサイト
2008.04.04 Fri l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。