上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 このマンガ、新しい。そう感じたマンガが「フダンシズム-腐男子主義-」です。初めは、「何だ、これ」と思いました。しかし、腐女子の世界の一端を垣間見れるこのマンガ意外といけるのです。もりしげさんの絵もこの物語に合っていると思います。パーフェクトプリンス宮野数(あまた)の小西望への恋する気持ちが腐女子の世界を理解しようと努力し女装までします。この恋の行方そしていつのぞみんがあまたの女装に気づくのか、大変気になります。

 また「姐さん講座」も面白いプラスためになります。ヤングガンガン2008No.03の第9回は「BL(ボーイズラブ)」。BLの歴史やBLの種類など、へぇーと思ってしまいました。未知なる世界ですが、分かりやすくてオチまでついていてなかなかに楽しめます。

 主人公がどんどん深みにはまっていくその姿、今後も非常に楽しみです。
スポンサーサイト
2008.01.29 Tue l マンガ l top ▲
 ヤングガンガン2008No.03で一番の注目はやはり「ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~」です。渡辺道明さんのマンガが久々に読めるというのは凄く嬉しいです。これは「ハーメルンのバイオリン弾き」の登場人物たちの子供が奏でていくことになるのですが、どんな展開が待っているのか期待大です。

 前作はギャグの部分で大爆笑させてもらった作品です。私が腹がよじれるほど笑った数少ないマンガのひとつです。今では、うすた京介さんの頃からジャンプで流行り始めた「わけの分からない流れが面白いマンガ」というものがありますが、私にはシュールに感じられてそれで爆笑する事は露ほどもありません。私にはハーメルンのシリアスとギャグのとてつもないギャップが最高に快感だったのです。シリアスだけでも読ませる漫画なのですが、シリアスとギャグが見事に合わさった今でも稀有な素敵な作品です。

 この新連載、話がどう紡がれていくのかも楽しみですが、まずは前作の主人公ハーメルの息子らしき人物がギャグ体質の男なのかどうかが楽しみです。本当なら月刊少年ガンガンのように一話毎のページ数が長めの方がシリアスとギャグのバランスが取れて面白いと思うのですが、短いページで面白さが表現できるのかどうかにも興味があります。話の最後まできちんと描ききって欲しいと心から願っています。
2008.01.29 Tue l マンガ l top ▲
 ヤングガンガン(http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/)は毎回欠かさず買う雑誌のひとつです。以下、簡単な感想です。

ハーメルン~シェルクンチク~ また読めることが出来て感激
黒神 韓流ドラマという言葉久々に聞きました
フダンシズム 頑張れパープリ
ダイサイズ もう少し話が進んでからでないと面白いのかどうかも言えません
ニコイチ 相手の両親にどう立ち向かうのか期待
モノノ怪 アニメを即観なくなった経緯から読んでません
カノジョは官能小説家 連載当初から妖艶で危険だと感じていた咲子さん、次号が楽しみ
すもももももも ビデオ見終わった後の孝士のツッコミ、その通りです
FRONT MISSION 話の尺が長くなって面白みが増してきました
BAMBOO BLADE コジローの変化、私もよく分かります
WORKING 山田の特徴が無い事がよく分かる回でした
彼女のエジキ 狩野さんの目の描き方、井田さんのマンガで初めて見ました
セキレイ カガリ(焔)がなぜ守護者であるのかが気になります
ムカンノテイオー 織田どうなったの?
サンレッド これはレッドじゃなくてもツッコミます
鬼燈(ほおずき)の島 三部けいさんの描く女体は今回もグッと来ます、エロいです
死がふたりを分かつまで だんだん緊迫してまいりました
はなまる幼稚園 最後はよくある話ですがやはり良い話です
JACKALS 新キャラクター「悪魔」と「天使」が強者なのかかませ犬なのか楽しみ
ライオン丸G 最後のコマ、待ってました
キズナ 謎が多い展開というよりはただ話があやふやな感じ

グラビア 必要ありません

 今号もそうですが、連載のほとんどを読んでいます。モノノ怪以外は読んでいます。週刊少年ジャンプ・マガジン・サンデーなどでは半分もあればいいほうなので、相当なものです。グラビアが無ければ文句なしです。他の「ヤング」とつくマンガ雑誌に倣ったのでしょうが、そんな悪しき慣習を守る必要なかったのにと今でも思います。最初、増刊として初登場した時には確か無かったはずなので、その部分は残念です。その分、マンガのカラーページを増やすか安くして欲しいです。もうひとつ気になるのは、怪しい広告を出している事です。そんなに経営が危ういのかと勘ぐってしまいます。「すもももももも」「バンブーブレード」などアニメ化した作品も出てきているくらい面白いマンガぞろいなのですが、雑誌そのものが無くならないように頑張って欲しいです。ヤングガンガン頑張れ!
2008.01.29 Tue l マンガ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。