上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 その記事をWeb上に上げておくべきでないと私が判断した場合には、予告無く直ちに削除する可能性もあります。

 なお、記事の変更も予告なく行うことをご了承ください。追記の形を取ると、どんどん記事が膨れ上がる可能性もあり、さらには、文章が稚拙なため、誤字・脱字や、助詞の誤り、論理展開がおかしいかなと感じたりなど、変更点を逐一傍線で消して修正するといったことをしていくと私の駄文がさらに読みにくくなります。よって、変更点がブログを見てくださる皆様には判別できない事もあるかもしれませんがご了承ください。
スポンサーサイト
2008.01.06 Sun l このブログについて l top ▲
 私がこのブログを始めて1週間が過ぎました。オタライフ同様、ブログ初心者な私にはまだまだブログの機能をフルに使いこなせてはいません。訪問者リストもそのひとつです。訪問者リストのことが何なのかよく分からなかったので始めに検索、FC2ブログユーザーがログインしている最中に他のFC2ブログを訪れると足跡としてブログ管理者にはリストとして見る事ができるというものだと知ります。そして改めて訪問者リストを見てみました。

 まだ始めたばかりですが、私のブログに関係ありそうなブログ、そうでないブログを作っているFC2ユーザーが足跡が結構な数残っていて、驚きました。そして更なる驚きが私を襲います。訪問者リストのの最初のほうに、

著名な名前があるではありませんか!

ブログ名・管理者・ジャンル・プロフィールが足跡ひとつには載るのですが、その管理者の部分に、私の見知る名前があったのです。

柊ゆうとはこんらんしている(DQ風)

となったのはいうまでもありません。まさか、本人なのか?他の誰かがユーザー名として使用しているだけなのか?早速そのブログを開く、否その前に、「そのブログ名 ユーザー名」で検索してみました。サイトはヒットするのですが、ブログは出てきません。そこで勇気を出して、足跡を辿ってブログに行ってみました。そこに現れたブログは、ブログ名が変わっていました、サイトと似たものに。次にプロフィールを見てみると、私も知っている内容が。さらにその下を目で追っていくと、リンク欄があり、そこにはサイトへのリンクなどがありました。そして何より、ブログの記事には、

あー

なものが!

 もし、作家本人であったなら、ありがたい事です。忙しい仕事の合間にふと目を留めてくれたこと、嬉しく思います。もう作品に出会ったときから私は夢中ですから。コミケの記事をピンポイントで検索そして読んでくれたことは、偶然の産物かもしれませんが、吃驚しています。このちょっとした交流が私は大変嬉しいです。

 私は、書いているこの瞬間も浮いた心地であり、右も左も分からなくなっている始末なのですが、作者本人が一人の些細なファンの一文に時間を割いてくれたとしたら、素敵なことです。一年の始まり、そして私にとって転換期になるかもしれない2008年のスタートに良い影響がありそうな出来事でした。

(落ち着きを取り戻してから自分の書いたものを読み返してみると、ブログ管理者にしか分からない足跡なのだから、本人の名前そのまま綴るのは迷惑がかかるし、と思い返し書き直した次第であります。いろいろと暈(ぼか)してみました。この作家のブログはコメントもWeb拍手も出来ない仕様だったので、レスポンスとして私もFC2の足跡を残しておきました。「リンクに追加」ボタンも押していいものか分からないので何ももせずにいます。兎にも角もブログに上げる前に冷静になって良かったです。)
2008.01.06 Sun l 雑記 l top ▲
 ブースNo.323「AXL&Chien&すみっこ」が2日目:15:45から

 AXL 4th Product Princess Frontier

という黄緑色の小冊子を配っていたので、列に並んでゲットしました。

 2008年春に発売予定の「Princess Frontier」の簡素な設定資料本です。キャラクター紹介がされているのですが、ちびキャラ可愛いです。特にレキ・ロックハートのちびキャラはもっと見てみたいと思わせる可愛さです。エロい要素はこの冊子には一切無かったので、どれだけ楽しませてくれるものになるのかは未知数です。舞台設定、あらすじは私の好みのひとつでした。この冊子手に入れることが出来て良かったと思います。基本的に、こういう小冊子のほうがポスターよりも好きです。

 ただ、残念だったのは、Chienとすみっこの無料配布物を手に入れられなかった事です。最初気づかなくて列に並ぶのが遅れてしまい、残り2冊は配布終了してしまいました。特にすみっこの小冊子には「すみっこちゃん」が描かれていたらしく、少し落ち込んでしまいました。3日目も配布していたのですが、「戯画/パートナーブランド」のイベントがあったので、ゲットできませんでした。イベントに参加したほうが良かったのかどうかは難しいところですが、今回小冊子に載っているであろう「すみっこちゃん」が「すみこみ~すみっこちゃんこみっくす~」の次回作に収録されている事を願うばかりです。

 というわけで、複雑な気持ちの無料配布物でした。
2008.01.06 Sun l コミックマーケット73 l top ▲
 ブースNo.224「ALcot」で1日目、2日目、3日目に購入しました。

 購入したものは、

 ALcotオリジナル布バッグ  ………500円

 私は手提げ袋をよく使います。紙袋もよく使うのですが、紙袋だと、あまりに物を詰めると、破れててんてこまいになることが時々あるのです。そういう状況に遭った人を2日目に見ましたし。

 今回のコミケ、1日目に急いで家を出たので手提げ袋を忘れてしまいました。冬コミセットのようなものを買う時に大きな紙袋がついてくるからいいかとも思ったのですが、破れる事態にならなければいいなと少し不安に感じていたのもまた事実です。そう思っていたとき、ふと目に留まったのが、ALcotのコスプレイヤーさんが宣伝していたこのオリジナル布バッグなのです。

 人気商品と言っていたのは伊達ではないです。先ず、容量が凄い。大型ポスターも丸めて横にして入れることが出来るし、他のブースの大きな紙袋もそのまますっぽりと入ります。そして、どんどん物を入れていけば当然重くなるのですが、取っ手の部分がプラスチックの中空棒2本になっていて、ちょうど良い太さで手が痛くなりにくい仕様なのがこれまた素晴らしい。棒2本を一度に持てば袋の口が綺麗に閉じるので、中身がしかと守られた感じなのも安心です。布地なので、底が破れる事もありません。

 こんなに大きなサイズ、そして持ちやすい、外観も全面黒に白色のALcotロゴがデザインされていて、日常でも使える。これで500円なんて、こんな優れた商品見たことありません。というわけで、3つも購入してしまいました。

 しかし、3日も使っていると少し直して欲しい点も出てきて、この布バッグをもし今後も販売するようなら、こうしてほしいという要望をスタッフの方に出してみました。

 1.あと1cm高さを増して欲しい。
 2.中空棒が伸縮可能にして欲しい。


ということです。1は、たくさん色んなものを入れたときに、ちょうど取っ手を持っている手の指に、入れたものが当たるのです。もしもう少し高ければそれは無くなって手が痛くならないだろうなと思ったのです。2は、2日目の朝今日もこの布バッグを使おうとこれを中空棒を中心に丸めて持っていったのですが、電車に乗るときに少々邪魔なのです。容量が大きいという利点があだになっていたのです。しかし、中空棒が伸縮可能になってリュックに入ると非常に楽になるなと感じたのでした。

 この要望をスタッフの人が真剣に聞いてくれたのには驚きでした。ALcotの宣伝にはなるものの、肝心のゲームには全く関係ないであろうこの黒地の布バッグ。それについての意見を真摯に受け止めてくれたように感じました。もちろん利潤はメーカーにとって必要なものであり、この仕様変更の希望が通らなかったとしても、少しこの要望について考えてくれたというだけでも嬉しい事だと感じさせてくれる対応でした。
 ただ、2はもしこれで持ちにくくなったり耐久性に問題が出てくるのであれば、今のままがいいです。現在の利点を失ってまで仕様変更する必要は無いです。それから、3日間フルに活躍した1日目に購入した布バッグは取っ手の中空棒をくるむように布を縫い付けてあったのですが、その一番端の部分の糸がほつれてしまいました。自分で直せばいいのですが、やはり、もう少しきちんと縫ってあると嬉しく思います。

 また、

 ALcotアレンジヴォーカルアルバム『growing』 ………2500円

も気になったアイテムなのですが、このアルバムに入っている曲で知っているのが「なつぽち」の2曲だけで、他のゲームをやってからということで今回は見送りました。

 ALcotオリジナル布バッグ、気になる箇所も使っているうちに出てきたのですが、これほど良い一品は他では売っていないと思います。この容量の手提げ袋となると、世界唯一のものかもしれません。それほど素晴らしく、大満足の一品でした。次回も売っていたらまた購入してしまうかもしれません。コミックマーケット73で購入したアイテムで満足度№1のアイテムでした。
2008.01.06 Sun l コミックマーケット73 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。