上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 3日目、コミケ73最終日です。コミケ中は特に混乱を私は見なかったのですが、朝、りんかい線の改札口は惨事でした。押し合い圧し合いなどという表現だけでは丸すぎます。潰されるかと思いました。 将棋倒しになりそうでした。数分ほど全く前にも進まず、体が波のように右に左に体が傾きながらの状態が続きました。

押すと遅くなるのが分からないのですか? 

律速する(渋滞する)ところを作ると時間ロスが激しくなります。物理法則です。それを無くすとあなた自身が速く進める事になります。お利巧になってください。 

 でも、そのあとはこのような事態に遭遇しませんでした。この惨事で身にしみたのでしょうか。次回のコミケではそのような事が無い事を心から願っております。
スポンサーサイト
2007.12.31 Mon l コミックマーケット73 l top ▲
 オタも、心の汚い人間だけではなくて、ホッとしました。

コミケ2日目開会前、列が完成し、「8時30分までには自分のいたところに戻ってきてくださーい。」というスタッフの指示の後、弁当魁に行ったりトイレに行ったり、と列を離れていく人たち。その中で、私の前の高校生が、「荷物を見ていてくれませんか。}と言ってきました。私は快諾し、小説を読んでました。しばらくして、その高校生が戻ってきた時に、ありがとうございますと言う一言の後、「お礼に、これどうぞ。」と飲み物を買ってきてくれました。私は驚きを隠せませんでした。私もその後、列を離れおにぎりを買いに行って、その間荷物を見てもらった御礼にと、食べ物をプレゼント。

 自分の事しか見えていない人が多い中で、ちょっとした事ですが、寒い中心は温まった瞬間でした。
2007.12.31 Mon l コミックマーケット73 l top ▲
 2日目です。ここまで来場者のマナーがひどいと、コミケを今後続ける事が難しくなってくるんじゃないかと、不安になるほどでした。相変わらず、強引に前に割り込もうとしている人間が多い状態。開会前の列移動の時入り口階段付近で、正確に覚えていませんが、女性が関西弁で、

 「階段で危ないっちゅーねん。」 

という叫び声が聞こえてきました。

 大声その2。ブースNo.471minoriが無料配布物の列を作ろうとした時に、通路も狭いというのに、建物から外へ雪崩れて行き、列もぐちゃぐちゃなものになっていた時に、荒げた声で青年が一言、

 「スタッフが2列に並ばせろよ。」 

といったような内容の叫びが聞こえました。

 どちらにも言えることですが、

悪いのは自分の事しか考えてないオタ

です。スタッフは悪くありません。これだけ混乱を巻き起こしてしまうようであれば、無料配布物の配布を今後止めようと思うブランドもあるでしょう。少なくともminoriはそんなオタの状況を見て、悲しくなったに違いありません。

 コミケ来場者だけが満足すればいいのですか。

企業ブースのスタッフそしてサークルも充実したコミケだった

と思えるものであるべきです。

 私はこんな節操の無い、了見の狭いオタにはなりたくありません。
これだからオタは・・・
と言われない、真っ当なオタになりたいものです。
2007.12.30 Sun l コミックマーケット73 l top ▲
 ブースNo.223「戯画/パートナーブランド」で購入しました。

 内容は

STEP×STEADY グッズセット  ………3000円
  1.持田菜央・「罵倒30分」
  2.星乃京・台紙つきテレホンカード
  3.ツンデレタオル
  4.描き下ろしペーパーバッグ
http://www.web-giga.com/event/event.html

です。

 STEP×STEADYを私は知りません。その私が購入しようと思ったのは、

1.持田菜央・「罵倒30分」

に興味を持ったからです。

 さて、感想ですが、面白かったです。笑ってしまいました。しかし、なんか言葉は並べ立てているのだけれど、罵倒という感じはしません。本当に罵倒してやるぞというのは伝わってきませんでした。けれど、ボーナストラックの中にあるデレの部分は心に少し響いてきました。

 ゲームソフトをやるともっと面白いのかなと。ですが、ゲームをやっていなくても、こんなCDめったに無いので一度聴く価値はある一枚だと思いました。

 そして、CDを聴いた後に3.ツンデレタオルを見ると、いいですねえ、これ。このイラストのほうが、少し棘がありつつもデレがある感じで好きです。

 というわけで、なかなか楽しめたグッズセットでした。

 
2007.12.30 Sun l コミックマーケット73 l top ▲
 無料でもらえるこの冊子、コミックマーケットに関する説明漫画が掲載されているのですが、
これがタマランほど良いです。山田石人(サークル不可思議)さんが書いているのですが、ほのぼのとした絵が心を和ませてくれます。以前、このサークルの「らいおんをつれた騎士」という心温まるFate/stay night同人本を読んで好きになったのですが、このパンフレットの漫画もほんわかとしていてステキです。ぜひ読んで欲しいです。

 ブース323AXL/Chien/すみっこ
 三日目(12月31日) 東3ホール コ-56b「不可思議」

でも、山田石人さんのほんわかした世界に触れられると思うので、寄ってみてはいかがでしょうか。
2007.12.30 Sun l コミックマーケット73 l top ▲
 行ってきました、コミケ。しかし、今回来場者のマナーが悪化しているように感じました。開会前の列移動の時に、後ろから押すわ押すわ。強引に前に横は入りしようとする人間が多すぎ。小雨が降っていて足元が滑りやすいというのに、自分の事しか考えないオタクが多すぎです。ビッグサイトの入り口の階段のところにガラスが散乱していたりして、少し危険を感じました。あと女性のヒール付の靴はおしゃれのためかもしれませんが、スニーカーにした方が安全ではないでしょうか。

 私は企業ブース中心に回る予定でしたが、1日目で大抵目的は達成しました。しかし、気になった事がひとつあります。「最後尾」のプラカードに商品リストを掲示しておいて欲しいです。コミケには初参加者も多いですし、初めて知る企業もあります。それなのに何を売っているかも分からないのでは、企業のためにも来場者のためにもなりません。特にNice boat.は買う寸前になるまで何を売っているのか、値段はいくらかなど、全く分からないようになっていて不親切でした。ニトロプラス・ニトロプラスキラルのように非常に大きなプラカードにしたり、Navel/Limeのように商品リストを載せたパンフレットを配布するというのは良い例です。フロンティアワークスは商品が多いにもかかわらず、見やすい表になっていて好感が持てました。最後尾のプラカードに商品リストを掲載するだけで、企業・来場者ともに利益になるので、ぜひ一考してもらいたいです。

 それから、これもどの企業ブースにおいてもなのですが、一人につき商品限定数は1として欲しいです。最初に限定数2や3にして途中から一人ひとつまでとなり、最終的に長時間長い列に並んでいたにもかかわらず買えない状況を多数目撃しました。2日目3日目で商品が余ってしまっているならいざ知らず、初日は、在庫よりもまず、一人でも多くの人にコミケに来て良かったと思ってもらうためにも一人でも多くの人に商品を行き渡らせるような配慮が欲しかったです。私も始発電車に乗って到着したにもかかわらず、買えなかったことがあります。もちろん在庫数には限界があるので、せめて一人一人に行き渡るような姿勢があるといいように感じました。複数買って他のブースに並んだ友人との共同作戦を取る人たちやオークションに出しすために複数購入する人たちよりも、まず並んだ人たちを大事にする事はできないものでしょうか。

 最後に帰る時に感じたのが、エスカレーターで右側の通路を空けていない事。東京ではそうするのが一般的なので、その方が、よりスムーズに人が流れるのではないでしょうか。

 今日のまとめ
 
 押すな割り込むな
 プラカードには商品リストを
 商品は一人にひとつ 並んだ人を大切に
 エスカレーターの右側は通路として空けろ
 


 です。参加者全員が少し思いやりを持つだけでより素晴らしいものになると思うのですが、いかがでしょうか?
2007.12.29 Sat l コミックマーケット73 l top ▲
 関係ないコメント・トラックバックはどんどん削除します。それから、コメントなどのの設定をどうするのか現在検討中です。コメントなどを受け付けない使用にするかもしれませんし、Web拍手にするかもしれません。その変更の時にコメント・トラックバックを一括削除する可能性があるかもしれませんが、ご了承ください。
2007.12.28 Fri l このブログについて l top ▲
 オタとしては未熟者ですが、アニメ、コミック、ゲームなどに関することに少しずつ触れていこうと思っています。
2007.12.28 Fri l このブログについて l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。