上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール 幻影の覇者ゾロアーク」を観て来ました。今年は、この時期既に上映を終了した映画館が多く、上映されていても上映回数が一日一回などでこれは観に行けないかもと思ったのですが、何とか観ることが出来、セレビィもゲットできてほっとしています。

 大きいスクリーンだったのですが、これまでに観たポケモン映画に比べて迫力無かったなあと思いました。戦闘シーンが数回ありましたがどれもこれも短かったし、ピカチュウのボルテッカーも映画の決め手という感じでもなく、ハイライトというハイライトが特に無い感じがしました。

 しかし、ストーリーは非常によかったです。よかったんだろうと思います。なぜなら、いつもなら映画館で映画を観る時、私はごく普通にシートに体を預けて肘(ひじ)掛に肘をついてゆったりとした気分で映画を楽しんでいますが、「ゾロアーク」は、いつの間にか前のめりになって観ていました。途中何度も姿勢を戻しつつそれでもすぐに前のめりに。次どうなるのかという期待感がいっぱいで最後まで目を離すことが出来ませんでした。

 特に好きなポケモンであるマッスグマとグラエナは登場していたし、エンテイ・ライコウ・スイクンが街を駆け回るシーンはゲーム「ポケモンレンジャー光の軌跡」と重なりましたし、タケシは画面いっぱいに口説いていましたし、ゾロアークとゾロアのお互いを想う気持ちも強く伝わってきましたし、ポケモン同士で一度はいがみ合っても仲良くなってピンチの時には駆けつけ助けていたし、リオカは可愛かったし、リオカは可愛かったし、リオカは可愛かったし。

 これはどうだったのかという部分も無いわけではありませんでしたが。プルーフというスポーツ・ポケモンバッカーの応援をしている女の子がなぜいたのかよくわかりませんでした。一人だけ映画の中で浮いていて、それならもっとそういったキャラクターを大勢出せばにぎやかでいいのにと思いました。それと、グレッグルの活躍をもっと見たかったなと思います。さびしかったです。

 気になる部分といえば、コーダイについてです。コーダイってそんなに悪者でもないような気がしました。罪と言える罪は、劇場版の舞台になったクラウンシティの草木を枯らしたことだけ。街を破壊し尽くしたわけでもなく、壊したようにCGで編集、見せかけただけです。過去にクラウンシティの草木を一瞬で枯らしてしまったっけれど20年前の、力を得る前のコーダイはそんな副作用があるとは思ってなかったのではないでしょうか。決して故意に起こした事態ではないような。まあ、あんなに緑がきれいなポケモンワールドにおいては大事(おおごと)なのかも知れません。リアルなら、その程度なんてことも無いでしょうに。毎年毎年いったいどれほどの森林面積が減少しているでしょう。それに比べると二十年に一度街一つ分の草木を枯らしたくらいでそこまでとがめられるほどではないだろうと思いました。もしかしたら、環境破壊は悪いことだと製作者が映画を見る子供たちに伝えたかったのかもしれませんが。

 コーダイが事業で成功したことも特に何か悪いことをやって成功したというのではなく、映画で観た限りではそれなりに社会に貢献していたように見えました。ポケモンゾロアークとゾロアそしてセレビィを痛めつけたことが悪いという判断なのかもしれません。ゾロアークとゾロアの二匹は密輸っぽいですし。前作「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール アルセウス超克の時空へ」の時と比べて、悪事だったとしても、ものすごく矮小(わいしょう)な感じがしました。ポケットモンスターダイヤモンド・パールで悪いやつといえば、ギンガ団ですが、それと比較しても、ギンガ団のトップ・アカギは世界を自分のものにしようとしていましたが、コーダイはそんなことは出来ず、結局運命に従って普通に事業で成功することを目指しただけに過ぎないような。力を悪事に使用するようには見えませんでした。私はコーダイがそんなに悪い人物だったのかについて疑問に思っています。

 映画が終了して最後エンディングテーマが流れるところは前作・前々作に比べると味気ない感じはしましたが、これで「ダイヤモンド・パール」は終了するんだなということがはっきり伝わるものでした。それから、サトシのライバル・シンジの表情がすごく印象的で、この映画を観に来てよかったなと思わせてくれるものでした。

 今作、大筋に関係ない部分でいろんなものが詰まっているような気がしました。まず、ホウエン地方のポケモンが割合としては多く出ていたこと。マッスグマ・グラエナをはじめ、キノガッサにコノハナ、テッカニンにカゲボウズなどが出ていましたが、「ポケットモンスター・ブラック・ホワイト」でゲームクリア後にホウエン地方となんらかの関係があるところに行けるようになるとか、ホウエン地方単体でのリメイク作品が発売されるとかあるのかなと創造してわくわくしました。

 「ポケモンレンジャー光の軌跡」を意識した感じだったし、ポケモンバッカーは「ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー」で非常に面白かったポケスロンを意識したものかなと思ったり。

 タケシが一瞬ですがいつものお約束をスクリーンいっぱいでやったのは、これでタケシも最後の登場だからかもと感じました。私はタケシは名脇役として新シリーズのアニメでもサトシと一緒に冒険してほしいと心から願っていますが。ルパン三世で次元と五右衛門が登場しないなんてことがありえないように、サトシの隣にタケシがいないのはありえないんじゃないかという思いが強いです。

 「ゾロアーク」、映画館ならではの迫力はなかったけれど、ストーリーは非常に楽しめました。次回から、劇場版も新シリーズ「ポケットモンスターブラック・ホワイト」へと舞台が変わりますが、面白くなってくれるといいなと期待しています。




蛇足

 コーダイは力で視たビジョンで自分の髪型が気にならなかったのでしょうか。成功していくにはこの髪型でならなければならないのかと自分にツッコミを入れたくはならなかったのでしょうか。ショックを受けなかったんでしょうか。この部分をどうにも変えることが出来なかったように、コーダイは結局何も悪いことは出来なかったに違いないと私は思います。
スポンサーサイト
2010.09.17 Fri l アニメ l top ▲
 今年のポケモン映画、「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド・パール「アルセウス 超克の時空へ」」を9月に入ってから観ました。

 昨年の「ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ」の時には、私が訪れた映画館のスクリーンがほかの映画館と比べてかなり大きく、音もパワフルだったこともあるのですが、ラストに差し掛かったところで大勢のポケモンが力を合わせたところなどなど感動的でした。で、今回の「アルセウス」はどうだったかというと、非常に楽しめたと言えるストーリーでした。

 「楽しめた」のは、コミカルなシーンが満載だったからです。タケシのお約束の展開とか、ロケット団の不運なところとか、ピカチュウとピチューとポッチャマの挨拶シーンとか、こうなるだろうと分かってはいても笑ってしまう場面が多かったように思います。

 話の展開は、どこかで見聞きしたことのあるものでしたが。伝説と現在のリンクは、よく見かけるもので、子供はこの映画をデフォルトとして脳裏に焼きつかせていくのかなと思ったりしながら鑑賞していました。

 少し疑問だったのが、映画タイトルにも入っている「超克」云々(うんぬん)です。ストーリーのハイライトで出てくるのかと思っていたら、「安売り」なほどに出てきたのには驚き、嘆き、萎(な)えました。別に「超克」云々を使わなくても良かったのではないでしょうか。

 最初からストーリーの終了まで面白かったのですが、映画の最後、エンディングテーマが流れてからがもしかしたらそれまでの110分ほどよりも面白かったです。なかでも、「シェイミ」で登場した敵であるゼロは今後なんだか危ない(?)いや応援したい趣味嗜好に走っていきそうだと思ったのは言うまでもありません。

 それから、ひとつ気になっていたのが、声優についてです。声優を本職としている人で無い人がただ映画の話題づくりのためだけに呼ぶのはいかがなものかと思ってしまいます。なぜなら、棒読みの声が不協和音になっていると「シェイミ」のときに思ったりしたからです。しかし、声優で無い美輪明宏さんの声は私の心のフィルターを壊してくれるものでした。迫力ありましたし、アニメに溶け込んでいました。私としては、それでもやはり職業:声優の人がアニメで声を担当してほしいと思っていますが、でも、話題づくりとして召集されたとしても、違和感のある演技をする芸能人ではなく、アニメと融合してくれる人であるならば構わないなと素直に思ってしまうほどに美輪さんの声はまさにこれこそアルセウス!と感じるものでした。

 昨年「シェイミ」を見た時も9月に入ってからで、私一人だけしか客がいないという「貸切」状態でうれしく思ったものですが、今年は10人はいなかったけれど、この時期にしてはかなり多い入場者数だったんじゃなかろうかと思いました。しかも、その大きなお友達たちは映画館で配信されるアルセウスだけが目当てではなく、きっちりと映画を最後まで観る人ばかりだったのには少々驚きました。私も含めてであることは言うまでもありませんが。

 今年の「アルセウス」も映画館で見れて良かったと思えるものでした。来年の夏もポケモン映画はあるそうなので、どんなポケモンが配信されるかも期待しつつ楽しみに待ちたいと思います。 



蛇足

 来場者への特典って、先着450万名であるはずなのに既に無かったのはどうしてでしょう?去年ももらえませんでしたが、8月31日までの限定ということなのでしょうか?さすがに450万人は観に来ていないと思うのですが。「※大きなお友達は除く」ということでしょうか?ポケモンバトリオもポケモンカードゲームも特にやることは無いので必要ないといえば必要ないのですが、もらえるのであればいただきたいとは思っていたのでちょっと残念に思いました。
2009.10.04 Sun l アニメ l top ▲
 コミケ終了後、その足でお台場で開催されていた「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の会場に行ってみました。

 夏コミであまり購入しなかったので手荷物が少なく体力にも余裕があったので、徒歩で移動。徒歩で移動しようと思ったもうひとつの理由は、どの辺りからガンダムの巨像がちらとでも見えるのだろうと期待していたからです。夢の大橋を渡り、ヴィーナスフォート、砂浜を通り過ぎ、30分ほどで到着。高さが約18メートルもあるということで、砂浜あたりで、ガンダムの頭部くらいは見えるのかなと思っていたら、なんと会場に入るまで一切見えなかったのには驚きました。高さ18メートルあって、こんなに近くまで来ないと視認出来ないという事は、リアルにこのような軍事用ロボット兵器が存在し市街地で戦闘が繰り広げられていたとしたら、市民がロボットを視認したときにはもう逃げられない状態になっているかもしれないということです。少し恐ろしいです。フルメタルパニック!で登場するロボット、AS(アームスレイブ)は高さ8メートルとさらに小型で、こうなると市街地で自分がいる場所から建物を挟(はさ)んでロボット同士で戦っていたとしてもロボットの足音や銃声などの大きな音が響くだけで、それ以外は何も分からないままいきなり建物が崩壊してきて・・・・・・、なんてことになるのかなと想像してしまいました。

 会場に到着して、実際にガンダムの立像に触(さわ)れるということで、そのための行列に私も加わりました。そして、順番がすんなり回ってきて、ガンダムの真下まで来たときに思ったのは、意外に足底や掌のサイズが小さいんだなということです。アニメなどでこのような巨大ロボットが人を踏んづけようとする場面があったりしますが、それは少し無理があるのかなと思いました。そこまで大きくは無かったです。ロボットが人間を握り締めて・・・というのも、サイズ的に厳しそうです。となると、上述したこのガンダムよりもかなり小さなアームスレイブではもっと無理があるわけで、フルメタルパニック!で相良宗介の搭乗する「ARX-7アーバレスト」が千鳥かなめを掌に乗せて運んだシーンは成立しないのかなと思ったりしました。

 ガンダムの脚の外装を触ることが出来ましたが、これは何の素材で出来ているのでしょうか?まあ、実用可能なロボットを造ったわけではなくあくまで立像を造っただけのものなわけですが、実際にミサイルが当たったとしたら木っ端微塵であるに違いない脆弱さを思わせる、そんなプラスチックでした。でも、逆に攻撃に耐えうるほどの強度を持つ外装って、どういったものになるのかとも考えてしまいました。薄い素材では無理そうだけれど、分厚くすると重量が大幅にアップしてしまうだろうからです。こんな巨大ロボットよりは近い将来に実用可能になるであろう、人間が装着できる人間の動作を補助・強化するためのパワードスーツでも現時点ではかなりの重量があります。より軽く強度もある素材なんかが今後必要になり実現していくのかなと思うと少しわくわくしたりしました。

 会場に着いてから、実際にガンダムに触れ、会場を離れるまで、ものの10分ほどしかいませんでしたが、今後アニメなどでロボットが登場した時にはこのガンダムのサイズが脳内で妄想する時に非常に役に立つでしょう。そう考えるとガンダムの実物サイズを目(ま)の当たりにすることが出来たのは非常に貴重な体験でした。2009年8月いっぱいの公開でこのガンダム像は解体されてしまったのですが、また復活してほしいものです。



蛇足

 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の「GREEN TOKYO」って一体なんでしょうか?すごく胡散(うさん)臭いです。

 そもそもガンダムって、結局のところ「殺戮兵器」です。何処まで行っても戦争の道具です。それを緑化の象徴というコンセプトを持たせようとするのは無理があるように思えてなりません。

 さらに、これをオリンピック招致のアピールにも利用するそうですが、平和の祭典でもあるオリンピックと殺戮兵器をリンクさせようとする発想はすごいものがあるという驚きでいっぱいです。「ガンダム30周年記念として造る」、これだけで十分なのに、と思ってしまいます。緑化アピールやオリンピック招致の宣伝とか必要なかったのではないでしょうか。私は、アニメ大国としてのアピールといった形で建立(こんりゅう)してみたというだけでいいのに、と思うのですが。


追記

・アテネはオリンピック発祥の地なので構わないと思いますが、今までに2回開催した都市って存在するのでしょうか?日本でやるなら、別の都市で立候補したほうが誘致しやすそうに思います。開催地がもし東京で決まったなら、私は大いに楽しみたいです。けれども、私が招致委員であったなら、「一回も開催されてないところがあるというのになぜ東京が立候補するのか。」とまず候補から消すでしょう、きっと。

・私は毎回アテネで開催するのが一番なんじゃないかと最近考えています。そう思ったのには、いくつかの理由があります。まず、環境の点で。毎回毎回五輪が開催されるごとに世界中に箱物を建設していくわけです。環境のことを考えるなら、ひとつの場所で同じ箱物を使って行うほうがいいはず。とすると、開催地をアテネで固定すれば良いじゃないかと思うのです。二つ目、映画祭のことを思い浮かべて。ベルリンなどで映画祭が開催されていますが、この「お祭り」は都市名がついているから当然ではあるのですが同じ場所でやっているなあと。それならば、どうしてオリンピックは開催地をころころ変えるのかなと不思議に思ったのです。もうひとつ、「聖地」として。今年も高校野球の季節です。たとえば高校野球には「甲子園を目指す」という、場所自体にも大きく意味がある感じがします。テニスのウィンブルドンのセンターコートも然(しか)りです。同じところでやれば、「このトラックで走りたい。」などといったことになったりしないものでしょうか。スポーツの「聖地」という意味合いがあるほうが、シチュエーションとして燃えるのですが、いかがでしょうか。
2009.09.30 Wed l アニメ l top ▲
 「きらりん☆レボリューション」、久しぶりに観たら驚きました。3DCG作成ソフトを使って制作しているようですが、キャラクターが違和感たっぷりですwwwプレイステーションで1997年1月に発売された「ファイナルファンタジー7」の主人公クラウドの3DCGを見てから随分経ちますが、まだ違和感を感じます。映画「ファイナルファンタジー」やプレステ3ソフトのようなリアルさはアニメらしくないので求めていませんが、それまでのCGを使わないアニメーションの雰囲気を壊さずに3Dにする技術は10年経ってもまだ確立できていないのでしょうか。ミューコミ→FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50→ニコニコ動画を経て久々にきらレボを観る事にしたのですが、ニコニコ動画で観たときその3DCGは有志が作ったんだろうと思ったんですが、実際アニメ本編を観てそれと同レベルだったのに驚きました。従来のアニメーションのほうが慣れ親しんでいる事もあるし私は好きですが、3DCGの技術を蓄積することは今後のためには必要な事。なので、早く技術のレベルアップを期待しますw

 ストーリーは、ぶっ飛んでました。宝塚風キャラの濃さやこべにちゃんの占いというよりは黒魔術を任されたCMに取り入れようとしたことなど、アイドルを題材にしたストーリーではなく、もはやギャグのみで成り立っているような感じ。ひとつがっくりきたのは、花咲こべにちゃんが電波で不思議ちゃんだった事。ニコニコ動画で観たときには「こべにちゃん可愛い!これはアニメ本編を観なくては!」と思ったのに。外見だけに惑わされてはいけないということですねwホッとした事もひとつあります。なーさんのかわいさはそのままだったこと。最後に、「トゥインクルスター」2種類混ぜた時の色素敵なのでしょうか?どうみても怪しい実験の末に出来た危険な液体の色をしていましたがw

 「きらりん☆レボリューション」を久々に観るきっかけになったのは、Milky Wayの「アナタボシ」が東方アレンジっぽいと感じたところからでした。そして、それを検索していくうちにニコニコ動画を観ることになり、その後にアニメを観ることとなりました。これはやはり番組の広告としての効果がニコ動にはあるということなんでしょうか。そのメリットがデメリットを上回るものなのか下回るものなのかは今回だけでは私には分かりかねますが。でも、そのおかげで十分楽しめました。これから観る機会が増えるかもしれません。

 ちなみに、電波な花咲こべにと勝ち気な雪野のえる、この二人を見たとき、「フルーツバスケット」の花島咲と魚谷ありさを思い出したのは言うまでもありません。
2008.05.18 Sun l アニメ l top ▲
  「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の視聴率が芳(かんば)しくないらしいです。2ちゃんねるのアニメ版のスレッド「コードギアス半額のカマキリR1.4%は糞アニメ32」によると、第4話までの平均視聴率は2.45%で、ここ数年のTBS系列で週末夕方に放送されたアニメの中では最も低いようです。

 なぜ視聴率が低いのかといえば、面白さ如何の前に

シリーズもので、前作を知らない人は観ないから

だと私は思うのですが。深夜アニメの時間帯は家庭で何気なくチャンネル変えていたら見つけてそれ以降観るようになったりというよりは、オタだけが観る時間帯ではないでしょうか。前シリーズで獲得した視聴者は続けて第2シリーズも観るでしょう。しかし、ストーリー途中からよく分からないまま観る事は面白さが半減するどころのものではないと思います。英雄伝説6空の軌跡」も第1作FC(ファーストキャプチャー)をプレイした後だからこそ続編SC(セカンドキャプチャー)を堪能できるわけです。「Fate/stay night」のプレイ後だからこそファンディスク「Fate/hollow ataraxia」が十二分に楽しめるんじゃないでしょうか。

 ところで、前作「コードギアス 反逆のルルーシュ」は深夜アニメの中でも視聴率が良かったのでしょうか。私はよく知りませんが、DVDがよく売れたなど、何かこのアニメが人気であると判断する材料があったからこそ日曜夕方の時間帯に進出したのでしょう。しかし、前作のファンは続けて観ているとしてもそれ以外の視聴者を獲得できない状態に陥っているんだと思います。つまり、第2期も深夜に放送していれば十分成功と言われただろうけれど、日曜夕方という、視聴者の数が深夜よりも大幅に増えている時間帯で前作からのファン以外の新規ファンを獲得できなかったがために苦戦していると捉えられるのかもしれません。

 「ファースト」からの連綿たる歴史をもつ「機動戦士ガンダムSEED」は全49話の平均視聴率が6.14%でなかなか高い視聴率。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」も同様に高いですが、続きものであるために前作SEEDよりは平均視聴率が5.39%と減少しています。「R2」の前、2007年10月から2008年3月にかけて放送していた「機動戦士ガンダム00」は2部構成です。そして、第2部へのファン獲得のために第2部開始前に再放送をするという戦略をとっています。「コードギアス」は最初から続編ありきというよりはおそらく第1期で人気が出たから続編の制作が決定したのだろうと思っていますが、続編をスタートする前に再放送をしなかったのも視聴率に影響しているかもしれません。

 私は前作から知っていて、このアニメを楽しんでいます。ルルーシュの弟として突如現れた新キャラ、ロロの動向やルルーシュが溺愛(できあい)する妹ナナリーの行方など気になる点が増えた分、第1話から第1期よりも画面に食い入るようにして観ています。しかし、面白いからといって視聴率が高くなるわけではないということがよく分かりました。

 ちなみに第1期第2クールにOPが変わった時観るのを止めようかと思ったのは言うまでもありません。
2008.05.08 Thu l アニメ l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。