上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 HMV渋谷店が2010年8月22日に閉店しました。日本でCDの年間売り上げ枚数がピークに比べて半分にまで減っている影響をまざまざと感じました。私は渋谷店に大しては入ったことがあるといった程度で特に感慨はないのですが、HMVのホームページの店舗情報を見たとき、よく行っていた店舗がすでに無いことを知り、そちらのほうが驚きました。

 レコードがCDに取って代わり、今度はダウンロード販売に取って代わりました。アナログからデジタルへの移行が社会の構造を変えることになりました。次に大きく変わるのは「本」ではないでしょうか。CD・レコード店と同様、本屋そのものが無くなるわけですから。

 本は紙でなければ本当に楽しめないのかというと、私は「否」です。なぜなら、紙の本でなく文学作品をゲームソフト「DS文学全集」で読んで十分楽しめたからです。このソフトに収録されていたからこそ読んだ作品も多かったです。紙の文庫本と違い、読むスピードが遅くなったのは確かですが、DS画面が小さかったからこそのメリットもありました。紙の本であれば、読んでいる先を目の端でちらっと見てしまったり、展開がどうなるのか気になり我慢できなくて少し先を開いてしまうことがあります。しかし、DSではその欲求を抑えることが出来ました。しかも、表示される量が少ないため次の展開はページをめくるまで完全におあずけなので、物語をしっかりと楽しむことが出来ました。

 私にとって本が無くなるメリットで一番大きいのは部屋がすっきりすることです。たくさんあったCDを小さな小さなデジタルオーディオプレイヤーに入れてみると、部屋のスペースが空き、且(か)つ便利になりました。同様に、いやそれ以上に部屋がすっきりするのは本がデジタルデータになることです。本棚が無くなると部屋が大幅に広くなります。ほかにも利点は多いです。本に在庫という概念が無くなり、月刊ガンガン7月号のように買えなかったということがなくなるのもいいことです。海外の本が安く買えるのもいいことです。デジタル化により本の著作者、原作者への利益の還元率も大きくなるのではないでしょうか。中古本もなくなりますし。そして、デジタル化することで紙代、印刷代などが無くなり値段が安くなるであろうデジタルの本の価格を吊り上げようと既に画策し始めている日本の出版業界が排除されるとなお良いですが。

 ただし、本のデジタル化において、エコエコ詐欺が蔓延(まんえん)していると感じる「エコ」という観点からはどうでもいいことですが。「エコ」がどうこうより森林がなくなるのは私にとって大問題です。酸素がないと生きていけません。「MOTTAINAI」精神は好きですが、ちまたで評判の「エコ」は大嫌いです。二酸化炭素の排出量の増加は地球温暖化には影響を及ぼしているかもしれませんが、本当に環境を壊しているのかという点では私には疑問です。それよりも直接的に大々的に自然破壊しているのは森林伐採です。平均気温が上がったり下がったりというのは氷河期があったりする歴史の中、地球にとっては日常茶飯事なこと。しかし、多くの動植物の住処(すみか)を確実に奪うのは森林破壊ではないでしょうか。たとえば、石油から作ったスーパーのビニール袋をちょっと減らしたくらいで私たちはエコに関心があります、環境を大事にしていますというパフォーマンスをしていますが、へそで茶が沸くとはまさにこのことと思ってしまいます。もしエコが大事というのであれば、本・雑誌・新聞などの紙媒体そのものの存在自体がまず否定されてもいいと思うのですが、どうでしょうか?

 私は紙媒体の本が大好きです。本屋が大好きです。文庫本を読んでいるときに感じる本の、インクのかすかな匂いが好きです。本のしおりも好きです。本屋ごとに違う文庫カバーも好きです。でも、本のデジタル化、ダウンロード販売が浸透していくのはもはや避けられない未来だと私は考えています。大型書店が閉店というニュースもそう遠くない将来流れるのではないでしょうか。




蛇足

 現在、KindleやiPadのような電子書籍を読むためのブックリーダーがあります。しかし、漫画を読むためには、見開きができるものすなわち2画面のものが必要不可欠だと思っています。iPadはiPhoneをただ大きくしたような感じですが、それよりもニンテンドーDSを大きくしたようなものを早々に普及させ仕様を定着させないと、1画面のままの、漫画を読むのに非常に不便なブックリーダーが居座ってしまうのではないかと私は危惧(きぐ)しています。
スポンサーサイト
2010.08.25 Wed l 雑記 l top ▲
 新條まゆさんのまゆたんブログの2008年6月8日の記事「思うこと。

を読みました。週刊少年サンデーで「金色のガッシュ!!」を連載していた雷句誠さんの、

「雷句誠の今日このごろ。」の2008年6月6日の「(株)小学館を提訴。」

に関して、新條さんが心の内に思ったことを書いたのでしょう。今回は、その新條さんの記事を読んだ私の感想です。

 「思うこと。」を読んで私は、

企業というものは人間を奴隷と考えているのだろうか

と訝(いぶか)しく思いました。未だに人権、尊厳を全く無視した人間、人を人として見ない人間が数多(あまた)存在するのか、と。

 ドラマ「Change」第5話「総理休日の大事件」で木村拓哉が演じる朝倉啓太総理が「人は一人一人違いがあるけれど、だからこそ粘り強く話し合うことが大事だ。」といった主旨の発言をしていました。しかし、新條まゆさんの経験のように、一方が人を「金のなる木」としか見ていない場合、たとえ同じ言葉を話す同士だとしても意思疎通は難しいでしょう。自分の要求だけが存在し相手の要求は無いものと考える、これが「人間らしい」のだとしたら私は悲しいです。

  「愛情と信頼」があるからこそ社会は成り立っていると思いたいです。福沢諭吉の著書「学問のすゝめ(すすめ)」にあるように「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」(この一文はアメリカ合衆国の独立宣言から引用したもの)であると思いたいです。今回の編集者と漫画家、そして大企業と下請け企業、上司と部下、先輩と後輩といった関係においてもちろん対になる対象は同一ではありません。それでも「対等」に権利を持った存在であるはずです。

 「人と人」について考えさせられた記事でした。
2008.06.11 Wed l 雑記 l top ▲
 5月は1日につきひとつ以上の記事を書いたという、自分でもよくこんなに書いたなと思うほどです。ブログという形で公開しているわけで、私が綴ったものが読んでくれている人にほんの少しでも心に何らかの変化-同意、反論など-をもたらしたのであれば、是幸いです。

 アクセス解析の5月分を少し調べてみました。どんな記事を見ているのかおおよそですが、ダントツで多かったのが、

音楽感想 MilkyWay 「アナタボシ」 (2008.05.07)

です。「東方」風だと感じたのはが私だけではなかったということでしょうか。私は邦楽においていくら新曲であれ「新しさ」を感じることが最近ほとんど無いです。どこか「聴いた事のある」感じがするのです。新しさが含まれているのかもしれませんが、それが打ち消されるほど「既存のもの」という感じが上書きされてしまい、新しさが響いてきません。日本は異質を嫌うというか変化を嫌うというか、どうも保守的なのです。(もちろん新しいものを生み出すパワーもあるのですが。)だから新しいものが出てこないのかなと考えています。最近は、

Hey! Say! JUMPの「Dreams come true」(2008年5月21日発売)のサビがチェッカーズの「夜明けのブレス」のサビとMY LITTLE LOVERの「Hello, Again~昔からある場所~」のサビを合わせたものに聴こえるのですが私だけでしょうか?

 その次にアクセスが多かったのは、

学園アリス ・マンガ感想 学園アリス 第96回 (2008.05.02)
        ・マンガ感想 学園アリス 第97回 (2008.05.21)
鬼燈の島 ・マンガ感想 鬼燈の島―ホオズキノシマ―  第八話「開ケテチョウダイ」 (2008.05.16)

です。「学園アリス」はクライマックスに差し掛かっているからだと思います。「鬼燈の島」はコミックス第1巻が発売されたからでしょう。

他には、

しゃにむにGO ・マンガ感想 しゃにむにGO 第176回 (2008.05.04)
          ・マンガ感想 しゃにむにGO 第177回 (2008.05.24)

に海外からもアクセスがあることに驚いています。

 ひとまず書いた記事はどれもアクセスがあるようで嬉しいです。今月も気ままにマイペースで感じたこと、思ったことやらを綴っていこうと思います。
2008.06.04 Wed l 雑記 l top ▲
 2008年5月現在、原油高が続いているというよりも上昇し続けている感じがします。これは世界全体で物価上昇を招くでしょう。以前、「DVDから次世代DVD規格BDへの移行について」でアニメBDの価格がこれまでのアニメDVDの価格に比べてどうなるのだろうかということを書き綴ってみました。しかし、状況は刻々と変化するもの。原油価格の上昇がアニメDVD・BDの価格に影響を及ぼすのは避けられそうもありません。

 商品の価格が高くなれば購入者は減り、安くなれば増える。しかし、物価の上昇は需要・供給曲線を上にスライドさせてしまいます。物価上昇を考えなければ、以前の記事に、アニメBDの値段がアニメDVDの時と比べて上昇したら、消費者は受け付けなるだろうと書きました。もし、原油価格・物価の上昇がこのまま続くとしたら、アニオタにはアニメDVD・BDにさらに手が出しにくくなると思います。私に限って言えば、買わずに録画で済ませてしまいそうです。アニメ制作側にとって、アニメDVD・BDの売上に頼らない事業モデルを確立していかないと、商売として立ち行かなくなりアニメ番組数が減る事態にならないか心配になってきました。

 しかし、もっと気になるのはやはり原油価格。インド・中国の経済発展による需要の増加や、中東の情勢不安が供給不安につながっているなどですが、それにしても高くなりすぎだと思いました。気になったので、過去の原油価格をネットで調べてみると、1998年12月には1バレル10.35ドルだったのが2008年5月7日には123.93ドルまで跳ね上がっています。2007年初頭から急激に価格が上昇を開始し、約1年半で約1バレルにつき約70ドルも上昇しました。2008年5月8日にイラン石油相の、1バレル200ドルの可能性もあるという発言がありました。これは異常事態ではないでしょうか。世界経済もそうですが、特に原油をほぼ全て輸入で賄(まかな)っている日本経済には大打撃です。

 食糧自給率の低さ、高齢社会並びに労働人口の減少、ゆとり教育がもたらした人的資源の質の低下、日本が抱える800兆円を超える借金などなど、日本は手詰まりになってきた感があります。そこに来て、原油高による物価上昇。アニメBDの値段の心配どころではないのかもしれません。
2008.05.10 Sat l 雑記 l top ▲
 「ゲーム脳」という言葉が世間を賑わせて早5年が経ちます。実験データの測定方法がまず誤っているのと、何よりデータの読み取り方に誤りがあるという、科学的根拠が無いこの学説。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%84%B3

 最近、根拠が無い学説を根拠に、刃傷沙汰(にんじょうざた)がゲームのせいだと取りざたされています。どうにも、ゲームを槍玉に挙げたいようです。

 どんなものにも良い面、悪い面があると思います。私が考えるゲームの悪い面は、面白くて集中してやりすぎる事でしょうか。社会的動物である人間がそれをやっている時にはコンピュータと向き合うばかりでコミュニケーションをする時間が減る事。しかし、それはテレビゲームだけに限りません。没頭している時には何をやっていてもコミュニケーションをする時間は無いでしょう。でも、ゲームはやはり面白すぎて歯止めがかからないので、社会的行動をする時間が多く失われるということはあると思います。「ゲームは時間を決めてやりなさい。」と言われても色々な理由をつけて長時間やってしまうのではないでしょうか。しかし、これは、「ゲーム脳」という学説とは全く関係ないことです。娯楽に時間をかけすぎて生活能力の欠如につながるのは、何においても言えることです。ゲームの良い面、それは「楽しい」、これに尽きるでしょう。だからこそ娯楽であり、娯楽は生活に潤いを与える、人間にとって必要なものです。

 ゲームが犯罪につながるというのであれば、読書もテレビも映画も同様に犯罪につながります。しかし、逆にこれらで疑似体験をし、心が豊かになるのではないでしょうか。デメリットよりもメリットのほうが大きいと感じています。ミステリー小説も、ボクシングや相撲を放送するのも、ホラー映画を上映するのも全て禁止にすれば犯罪はなくなるんでしょうか?これらを疑似体験したから犯罪に手を染めるというのは安直過ぎるのではないでしょうか。 

 もし娯楽を禁止すると言うのなら太古からある「酒」を先ず禁止すべきでしょう。これが起因の事件・事故のほうが余程多いです。酩酊状態になると判断力が欠如するのは明らかになっています。酒を飲んだ後に運転すれば逮捕されます。交通事故を誘引する素だからです。最近、ようやく運転者には酒を提供してはならないということが常識となってきました。それでも酒を製造禁止せよという話が持ち上がる事はありません。税収として美味しいのも理由のひとつですが、何よりも人生の娯楽としてあっていいものだからです。

 結論、「ほどほどに」

、です。娯楽は生活の潤滑油として必要ですが、潤滑油ばかりでは逆に悪影響を及ぼします。ゲームも面白いですが、ほかの事をほったらかしてまでやるのは良くないでしょう。中毒にならないように娯楽と付き合っていくのが「嗜(たしな)み」というものではないでしょうか。そして、ゲームやアニメなど、オタ文化を槍玉に挙げる風潮がなくなることを願っています。
2008.03.27 Thu l 雑記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。