上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 2008年4月に変更しましたが、トラックバックもコメント同様無しの方向でしばらく様子見する事にしました。その理由は、

・トラックバックポリシー(トラックバックをどのように取り扱うかの方針)について考えてみた時、私は、記事参照通知としてトラックバックをするなら言及リンク(参照した記事へのリンク)が必要だと思いました(トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか [絵文録ことのは_]2006-01-06を参照)。というわけで、もし、このブログの記事にトラックバックが来た場合、トラックバックを送ってきたところからリンクが貼ってあるか確かめる必要がある。しかし、リンクがあるかないかの目的のためだけに送信してきた先の記事を読むというのはどうも・・・。ただ広告のためのトラックバックだったり全く関係ない記事の場合もあるので。

・リンクで十分だと思うから。ある記事を参照したという場合、参照元にリンクを貼れば済みます。相手に伝わらないかといえばそんなことはありません。アクセス解析で「リンク元」を見れば、予測できます。ホームページにはトラックバック機能はありませんが、特に問題なく数多(あまた)存在していますし。

・私自身ブログを読むとき、その記事にあるトラックバック先の記事を読むことがほとんど無いから。

などです。

 コメントやトラックバックはブログならではの機能ですが、私がホームページではなくブログを開設した理由は、

簡単に始められて、更新が簡単だから

です。
(以前にも同様の記事を書きました。)HTMLなどにあまり詳しくなくとも始められましたし、そのおかげで少しですが、Webページの仕組みなどを知ることが出来ました。しかし、自分が思ったことを発信してみたいと思って始めたにもかかわらず、コメント・トラックバックへの対応に時間をとられて肝心のブログ記事を書き綴る事が出来なくなったら本末転倒もいいところです。トラックバックポリシーも事細かに六法全書が如くルールを作るのは、トラックバックを送信する側も受信する側も神経すり減らすだけです。

 以上から、トラックバック機能を使わない状態で行くことにします。

 最後に、このブログはほとんどが感想で成り立っていますが、出来る限りネタバレしないようにして、ここの記事を読んだために元のマンガやアニメを十二分に楽しむことが出来なくなる事の無いように気をつけていきたい思っています。「私はそのコンテンツを大いに楽しんだ。」ということがこのブログを訪れた皆さんに伝われば幸いです。
スポンサーサイト
2008.05.19 Mon l このブログについて l top ▲
 少し携帯用のページを編集してみました。といっても、カテゴリーを追加しただけですが。その時に気づいたのはテキストの文字が背景と同系統の色で読みにくいこと。そこで、文字を黒色に変更し、序(つい)でに文字を少し大きくしてみました。携帯用のテンプレートから色の部分を変更しただけなのですが、どこをいじっていいのか分からず試行錯誤を繰り返すことと相成(ありな)りました。

 現在私が使用している携帯用のテンプレートは背景の絵がシンプルかつ清楚でいいかなということで使おうと決めました。しかし、このブログを始めて4ヶ月以上経ちますが、携帯の画面ではどうやら目いっぱいその画像が大きく現れるということに今回ようやく気づきました。背景の絵と記事の文章が重なる部分が読みにくい感じがしたのです。とは言っても、携帯用のテンプレートが多くあるにもかかわらず、自分が欲しいテンプレートというとなかなか無いんです。出来れば自分で作りたいですね。私が携帯用テンプレートを作るなら、

・背景に画像はいらない。読みづらくなる可能性が高い。

・文章が読みやすいように文字色と背景色のコントラストを考える。

・最新の記事やカテゴリを表示するためのプラグインが使えるテンプレートが良い。

などを考慮したいです。ごくごくシンプルな携帯用テンプレートが一番使いやすそうですし。


 今の携帯用テンプレートをもうしばらく使う予定ですが、時間を作ってHTMLの本でもじっくり読んでテンプレートを使いこなせるようになりたいものです。
2008.05.19 Mon l このブログについて l top ▲
 本当なら書いたものをを素のままで記事として投稿するだけで良いのかもしれませんが、FC2の「新しく記事を書く」ページに多くの「記事入力支援ツール」があるので利用しています。

 現時点では、

1.「文字の大きさ」は自分が強調したいところを大きくしています。一応強調した部分だけ読んでも記事の意味が読み取れるように努めてはいます。

2.文字の色は

青色・・・プラス方向のイメージ
赤色・・・マイナス方向のイメージ・注意や警告
緑色・・・引用

という意味を持たせています。

などの意味で使っています。赤色に複数の意味を持たせてしまっているのは他の色を使うなどした方がいいのかもしれません。また、青色と赤色をここに上げたとおりに使っているかといえば一概にそうとは言えません。引用部分は引用先を明示するようにしています。

 今後赤色の部分を細分化することを考えています。
2008.02.12 Tue l このブログについて l top ▲
 コメントにスパムが来てそれをどうするかというのは、ブロガーに必ず一度は訪れる問題なのでしょうか。検索してみると、非常に多くの人が困っているようです。FC2では、スパムの情報を収集し、スパム対策をしようとしているようです。しかし、そうすぐには有効策を出せないように見えます。他のブログでも対策が追いついていないように見えるからです。

 ブログの「コメントの管理」でも対策を講じる事は出来ます。禁止ワードを色々と入力してきました。しかし、埒があきません。そこで、ひとつ考えたのは、禁止ワードに「http」を入れることですが、そうするとFC2では、トラックバックを全て弾(はじ)くようです。

で、現時点での結論。コメント欄、削除する事にしました。私も色々とブログを見てきましたが、特に不都合な事は無さそうなので、スパムの対処に時間をかけるよりはコメント欄を消したほうが手っ取り早いと判断しました。

 FC2ブログに備わっている拍手ボタンでもコメントを残せるようになっています。したがって、しばらくはこれで様子を見ようと思います。コメント欄を削除した事で、拍手ボタンのコメントにどう影響及ぼすのかは様子を見てみます。

 改めて言いますが、トラックバックも関係ないものは削除します。あと、文字化けしているものなど一目見て判断できないトラックバックも削除する事にします。

 トラックバック欄もスパムが多いようなら無くすかもしれません。私は、トラックバックという方法を取らなくても、リンクするという方法で十分な気がします。コメント・トラックバックは、ブログの特徴というべき優れたツールです。しかし、私がホームページではなくブログを始めたのは、

知識があまり無くても簡単に始められて更新も簡単

であるということに尽きます。私自身、ブログを見たとき、記事内のリンクは辿りますが、トラックバックを辿る事はほとんど利用していません。

 以上から、現時点では、スパム対策として、

・コメント欄は削除
・トラックバックは承認後に表示

にしますのでよろしくお願いします。
2008.02.05 Tue l このブログについて l top ▲
 私はネタバレということがあまり好きではありません。内容が分かってしまうと面白さ、驚き、感動が半減してしまうからです。名探偵コナン」で最初からトリックや犯人が他の人にばらされてしまったら面白くないのと同じです。自分で推測、発見することにわくわくするのだと思っています。

 私はアニソンも含め音楽大好きな人間ですが、何より興奮するのがラジオから流れてくる音楽です。同じ楽曲であればテレビで観るのもCDで聴くのもラジオで聴くのも同じかといえば私にとってはそうではありません。聴く前にどんな曲なのかという情報が少なければ少ないほど素晴らしい曲に出会ったときの高揚感が違います。これが、自分で体験して分かる面白さが大切だと考える理由のひとつとして私の中にあるのです。

 なので、面白かった部分を出来る限りぼかしつつしかしその面白さがブログを読んでくれた人の心に広がるような文章を、難しい事かもしれませんが、綴っていけたらいいなと思っています。
2008.01.28 Mon l このブログについて l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。